■おすすめサイト

全国の塾のブログを都道府県別に検索することができます

塾ブログ検索サイト 塾長・塾講師のブログを紹介しています。】

■窓あきシート教材販売サイト

窓あきシート教材購入希望の方はこちらへどうぞ。

桂川教育研究所のウェブショップ
窓あきシートどっとコム

■プロフィール

新しい窓1113

Author:新しい窓1113
特許になった「窓あきシート」を中心とした教材を使いながら小学生を教えています。「窓あきシート」を使っての学習法やその他の勉強法、教育問題、父子家庭の子育てを中心に書いています。

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FC2カウンター

■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
セミナーの報告
昨日のセミナーは実りあるものでした。
主催者の山田代表は私のことを覚えてくださり、
「以前、○○に勤めてみえた桂川さんです。奥さんを亡くされて・・」
と、私のことを発表者の方(そうそうたるメンバー)に紹介してくださいました。
おかげでいろいろな方とお知り合いになれました。
なかでも、塾教材を出版されているある社長さんには、
窓あきシートに興味を持ってもらえ、いろいろとお話をさせていただくことができました。
かなり有名な社長さんに認められて
窓あきシートが全国に広がる可能性を感じました(^-^)V。


実は今日もその社長さんから電話が入って、
「たまたま来ていた塾さんに見せたところ、大変興味を持たれましたよ」
と言われました(サンプルをお渡ししていました)

「説明を聞くと非常にいいものだと分かるんだけどね」と
その社長さんに言われたのですが、
このことは以前にも友人から言われました。
ビデオなどの動画で説明する方法を考えています。

昨日のセミナーは、
「大手塾の進出の中、中小塾はどう生き残るのか」というテーマでした。
詳しくはかけませんが、
同じ土俵にたつな
自分の持ついいもの、たった一つでいいからそれを特化しなさい
と言うようなことが言われていました。
私もそう思います。

はっきり言って、大手も中小も教務力はさほど変わりません。
というか、本当の意味で子ども達の弱点をつかんでいるのは、
長年個人塾をやってきた先生の方ではないでしょうか。
1~2年で分かるほど簡単なものじゃないんですね。
そういう意味では個人塾の先生方は自信を持ってもいいと思います。

あとは、塾のオリジナリティをどう出すかにかかってくるのでしょうね。

ここにしかない指導(生徒管理、父兄面談も含めて)
ここにしかない教材(自分で開発した教材や新しく出た市販教材)
ここにしかない空間(自習室、学習環境など)
等々


そういったものを徹底的に磨き、宣伝していく
そうすれば、大手が来て価格競争を仕掛けても怖くないんですね。
見てる人にはちゃんと見えるんです。

先生方、頑張りましょうね。


皆様のお役に立てることを願っています。

「窓あきシート」は特許を申請していますが、皆様のご家庭で使用する範囲では制限しません。商用使用をお考えの場合はご相談下さい。まもなくPDFファイルのCD版をご紹介できそうです。
窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
60進法に興味がある人はこちら→亀井喜久男HP


スポンサーサイト
窓あきシート開発物語 | 16:43:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
ルーツが見つかった
先日取材を受けたとき、
資料をいろいろ探していたところ、
こんなのが見つかりました。
クリップがついたまま保管してあるのがおかしいですね。

窓あきシートのルーツです。
懐かしいな。

大事にとっておこう。

ルーツ1


ルーツ2


ルーツ3


2年半前のことです。
(もうそんなにたっているんだ~)
息子の漢字会(2学期の漢字まとめテスト)があったのですが、
学校でもらったプリントでは答え合わせが面倒だったので、
試しに作ったものです。

答え合わせはとても楽になりました。
これがうまくいったので窓あきシートが生まれたのですね。

よく見ると、いい加減なものです。
問題欄の枠と窓枠の大きさが違います。
とにかく急いで作らなければいけなかったので、
適当に表を作って作成したのですね。
20分ぐらいでできたと思います。
問題と解答は別々ですし。

これならどなたでも作れますよ。
私のところではフラッシュカード用に厚紙があったのですが、
昨日書いたように、市販されている画用紙でもできてしまいます。
テスト用なら簡単なものでいいと思います。

今の窓あきシートは
ノートの枠に合わせ、
書き順、ふりがなをつけ、
裏表に印刷できるようにしてあります。

ここまで作るには普通の人には大変です。
すごく時間がかかりますから。
買った方が安くなりますよ。

そういえば、
外国人の支援教室で教えてみえる先生が、
外国人用の窓あきシートを見たとき、
(国際交流協会を通じて教材資料として見ていただいたようです)
「これは簡単には作れない」と話していたと聞きました。


皆様のお役に立てることを願っています。

「窓あきシート」は特許を申請していますが、皆様のご家庭で使用する範囲では制限しません。商用使用をお考えの場合はご相談下さい。まもなくPDFファイルのCD版をご紹介できそうです。
窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
60進法に興味がある人はこちら→亀井喜久男HP


窓あきシート開発物語 | 14:13:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
窓あきシート、東京へ
昨日はびっくりしました~。

実は、私は可児市国際交流協会の協力を得て、外国人の初等教育用窓あきシートを開発し、実験的に使用してもらっています。

その可児市国際交流協会のN氏から、昨日のお昼に電話がありました。

「明日、東京の会議で窓あきシートを紹介するから、新しい資料を持ってきて」

え~!明日?そ、そんな急に・・用意できていませんって
改良したものはまだ完成していません

と思ったのですが、これはすばらしいチャンスなんだと思い直し、

「分かりました、用意して持っていきます」と返事をしました。

それから、ファイルを修正し、印刷、ラミネート加工、窓あけ、説明資料の作成と大忙し。
なんとか間に合いました。

東京の会議は
外国人集住都市会議 東京2006」というものです。
全国から18都市の市長と全国の民間国際交流団体が一堂に集まり、
「未来を担う子どもたちのために」をテーマに議論を深め、四日市宣言を採択するというものです。
どうやら、同時開催の民間国際交流団体パネル展で窓あきシートが紹介されようです。
繰り返し使えて、コストがかからない窓あきシートは、
予算が限られている外国人教育団体にぴったりだと思っているのですが、
理解してもらえるかどうか、どきどきしています。

展示する教材
・窓あきひらがな。かたかな練習シート(縦組み)
・窓あきひらがな・かたかな練習シート(横組み)
・ひらがな・かたかな練習シート(個人用)
・日本語能力検定4級対応漢字練習シート(横組み)

クリアー式ひらがな・かたかな練習シート。
 これは新開発の練習シートです。
なぞり書き、視写の練習が繰り返しできるものです。
B5用紙に1文字ですから、ひらがなをひらがなを習い始めたばかりの学習者や幼児にピッタリですよ。

近日中に発売予定の「ひらがな・かたかなスターターキットCD」に収録します。


皆様のお役に立てることを願っています。

「窓あきシート」は特許を申請していますが、皆様のご家庭で使用する範囲では制限しません。
商用使用をお考えの場合はご相談下さい。まもなくPDFファイルのCD版をご紹介できそうです。
窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、
ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
60進法に興味がある人はこちら→亀井喜久男HP



窓あきシート開発物語 | 14:01:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
窓あきシート誕生の瞬間
多くの方のご訪問に感謝します。
近いうちに、皆さんがご家庭で自由に作れるものを公開します。
皆さんのお役に立てれば幸いです。


さて、
窓あきシート誕生の瞬間(「あ、窓が見えた」の続きです)

レターケースの中で、プリントはバラバラになっていました。
プリントは上質紙(レーザープリンターですから)です。
一番上のプリントから、下のプリントの漢字が透けて見えます。
そこで気がついたんです。

あ、練習欄を切り取れば、答合わせは簡単だ」って。

厚手の上質紙があることを思い出し、
夢中で練習プリントを印刷し、練習欄を切り抜きました。
ちょうど窓が開いたようになりました。
(これが窓あきシートの名前の由来です)

もう、答合わせは簡単です。
うれしかったですよ。

「あれ、子供たちの練習も、このシートを使えば印刷しなくていいぞ」
「テストも窓あきにできるぞ」
このシートの使い方がどんどん湧いてきました。
これもまた喜びでした。

もちろん、今の形になるには大変な苦労がありました。

・プリントの裏紙より、ノートを使った方がいい。

・それじゃ、ノートの枠の大きさにあわせよう。

・練習とテストを裏表に印刷しよう。
  これが一番苦労しました。
  どうしても罫線が裏表でずれるからです。
  これの解決法に気がついたときはホントにうれしかったですよ。
  (企業秘密です・・なんて大したことじゃありません)


ここでお詫びを。

実は、窓あきシートを開発した時期は、これまでの話と少し違います。
「答合わせの方法」に書いた時期前後です。
2004年11月頃です。
話の展開上、少し順序を入れ替えてしまいました。
申し訳ありません。

とにかく子供達の負担と学習効果、答合わせの方法、印刷の手間と経費、
いろいろと問題はありました。
何とか改善できないかと試行錯誤していました。
そんな中、上記のような気づきがあったのです。

その後、窓あきシートを使っているうちに
いろいろなことに気がついて改良していきました。
 ・ふりがなをつけ、
 ・書き順番号を加え、
 ・部首を加えたり
と変更の連続でした。
その度に、作ったものが次々と無駄になっていきました(泣)。
そんな経緯があって昨日公開した教材ができたのです。

発明というのは
あっけないものです。
問題点を何とかしようと努力していれば、
自然に向こうからやってくる。
・・・そんな気がします。


まだまだ、改善することが数多くあります。
子供たちのために、地球の環境のために日々努力していこうと思っています。
皆さんの応援が一番力になります。
よろしくお願いします。


特許出願中です。商用を考えられている方はご連絡を。
個人で自由に使えるものについては、近いうちに公開します。
ご了解下さい。



窓あきシートが子供たちの教育と地球環境の役に立つと思っていただけましたら、ポチッと1押しのご協力をお願いします。
20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ


窓あきシート開発物語 | 22:17:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
窓あきシートです。はじめまして!
はじめまして、窓あきシートといいます。

下の写真は、1枚の窓あき漢字シートの表と裏です。


mihon15.gif
練習面です。(少し画質修正ミス)


test15.gif
テスト面です。


簡単に自己紹介します。

このシートを、10ますのノートの上に置いて下さい。
切り抜き窓を通して練習してください。
繰り返し使えますよ。


シートを下にずらせば、同じ字を何度も練習できます。
いつでもお手本は横にあるから、楽に練習できます。


総復習も先取り学習も何でもできます。


裏面でテストをやってください。
答合わせも裏返すだけで簡単です。


あ、左利きの人は手本の左側の窓を使ってください。
お手本は隠れないですよ。


どうでしょうか?

コメントいただけたらうれしいです。


追記9月4日
手続きが完了しましたので、記事を変更しました。
特許出願中です。商用を考えられている方はご連絡を。


こんな教材あるといいなと思う方は、一押しのご協力お願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ20060822163614.gif



窓あきシート開発物語 | 21:59:30 | トラックバック(0) | コメント(7)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。