■おすすめサイト

全国の塾のブログを都道府県別に検索することができます

塾ブログ検索サイト 塾長・塾講師のブログを紹介しています。】

■窓あきシート教材販売サイト

窓あきシート教材購入希望の方はこちらへどうぞ。

桂川教育研究所のウェブショップ
窓あきシートどっとコム

■プロフィール

新しい窓1113

Author:新しい窓1113
特許になった「窓あきシート」を中心とした教材を使いながら小学生を教えています。「窓あきシート」を使っての学習法やその他の勉強法、教育問題、父子家庭の子育てを中心に書いています。

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FC2カウンター

■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
母と死別した子供について
今日の文章は、ある父子家庭のお父さんへのメッセージです。
コメントでは足りなくてこちらに書きます。
少しでも参考になればと願っています。

お子さんのことが気になって、娘と少し話しました。
娘の場合は小1の冬、
朝見送ってくれた母が、お昼に病院に駆け付けたときは帰らぬ人となっていた
という状況でした。
私も混乱していて、何日学校を休ませたのか記憶にありませんが、
その後は、あまり休むこともなく学校に行っていたと思います。

学校では、多分先生がどう対処してあげたらよいか同級生に話してくれていたと思います。
また、同級生の親御さん達も子供たちにどうしたらよいか話してくれていたと思います。
だから、
娘はお母さんが死んだことについて、友達から聞かれるようなことはあまりなかったと思います。
2年生の教科書に「母親」についての題材があったときは、
担任の先生に事情を説明して配慮をお願いしました。
保健室の先生が私の同級生ということもあり、いろいろお願いをしておきました。
いろんな人の温もりに包まれて今日まで来られたと思います。

さて、今朝ブログのことを話して、娘に聞きました。
お母さんが死んでから学校はどうだった?」と

1年ぐらいの記憶が飛んでいるんだわ~。
 幼稚園のころや、2年生の終わりぐらいからは覚えているんだけど。
 学校で泣いていたことも友達から教えてもらった


初めて聞く話です。相当なショックが続いていたんでしょうね。
私の記憶では、わりと元気よく通っていたと思います。
ただ、夜になるとよく悲しくて泣いていましたが。

私の気持ちが分からないまま同情されるのは少しイヤだった。

単にかわいそうという意識での同情は辛かったようです。
確かに相手は心の底からかわいそうという気持ちで言っていると思います。
でも、
それよりも、そっとしておいて欲しいという気持ちが強かったようです。

確かに、何とか乗り越えようと思っているのに、
言われるたびに思い出がこみ上げてきますから・・
そう思うのも無理はないことだと思います。
幼いながらも、母の死を乗り越えようと頑張っているんです。
大人だったら、我慢できることでも、子供の心はもろすぎます。
突然母を思い出して泣くこともあります。
そういうときこそ、援助がいることであって、
忘れているときに、思い出させるような同情は辛いですね。
無邪気な子供の罪のない言葉であっても。

葬式のとき、先生に、学校ではお母さんのことを話さないで欲しいと頼んだ覚えがある。

先生と話す機会はなかったと思いますから、多少記憶の混乱があるかもしれませんが、
こんな事も言っていました。
話題にして欲しくないと言う気持ちの表れでしょうね。


母を思い出して泣くときは、ギュッと抱いてあげることしかできません。
 「今は思いっきり泣いていいよ。
  気がすむまで泣きな。
  お母さんはいなくなったけど、かわりにお父さんがいるよ。
  お前のことをとっても大事にしているよ。
  お前は独りぼっちじゃないよ

そんな気持ちで抱いていました。
言葉なんて要らないのです。
しばらく泣いて、娘は寝てしまいます。
大きなストレスにとらわれていたのですね。

子供同士でも、そんなふうになっていればいいかもしれない。
泣いているとき、そばにきてギュッと手を握ってくれる。
私がついているよ
言葉にしても、しなくてもいい。
ただそれだけで救われるかもしれない。


中学3年生まで、お母さんが死んだことを冷静に友達に説明できなかった。
娘が、母の死を冷静に受け止めるようになれるまで
こんなに長い時間がかかったのかと、初めて知った。
この8年間、少なくとも小学校高学年になってからは、気づかなかった。
申し訳ないという気持ちでいっぱいになったが、
同時に、自分で乗り越えるまで成長してたんだと思うとうれしかった。

それは、周りにいい友達、
その友達の親御さんや
両祖父母などのいい大人がいてくれたからだと思う。
私一人では何も出来なかった。

先生にお願いすることは必要です。
同級生の保護者の方へも、先生の方から事情を伝えてもらってもいいと思います。
学校へ行きたくないとき・・これだけはお父さんが決めることです。
いろいろご心配だと思います。
学校がいい環境であれば、元気になれば行き始めると思います。

   下の子(当時2歳半)は、保育園に行かせました。
   でも、休ませはしませんでした。
   それは、保母さんの母性が必要だと思ったからです。
   「行きたくない」と泣いていましたが・・
   そのかわり、他の時間はずっと一緒にいました。

何よりも
周りの大人の愛情が一番だと思います。
時間の許す限り、愛情を注いでください
お前は一人じゃないんだよ
お前のことが一番大事なんだよ
お前はお父さんにとって一番大切な存在なんだよ
というメッセージを与えてください。
もちろん、躾上叱らなければいけないときもあります。
でも、それ以外は甘やかせてもいいと思います。
どれだけ甘やかせても
我が儘な子にはならないと思います。
なぜなら、「母は死んだという」事実は子供の中に残っていますから。
そして、子供はそれを乗り越えていきます。

一緒に頑張ろうな」というメッセージも
ぎゅっと抱きしめることで与えてください。
それができるのはお父さんだけです。


以上は、あくまでも私の体験上のことです。
そして、ほんの一部のことでしかありません。
他の方に当てはまるかどうか分かりません。
お役に立てれば幸いです。

スポンサーサイト
子育て | 11:58:31 | トラックバック(0) | コメント(6)
キレる子供たち(番外編) 娘とのちょっとした出来事
ちょっと忙しくて考えがまとめられません。
今日は「番外編」でお願いします。
一昨日の出来事です。

今、娘は高1
父子家庭においても、難しい年頃です。

夜、
試験疲れのためか
お風呂にも入らず、ソファーの上に長々と寝ている。

「お~い、風呂」

「う~ん」

「おい、風呂!」

「う~ん、分かった」(うるさそう)

ちらりと娘を見ると
まだうつらうつらしている。

「早く風呂入れよ!」(ちょっと「怒」)

「分かってるって!」(寝てるのに喧嘩腰)

まだ寝てる・・
「はよ起きて、風呂入れ」(かなり「怒」)

「もうー。分かったわ!」(怒りモード)
やっと起きあがった。

「やっと起きたか、これでお父さん何にも言わんですむわー」

すると、またゴロンと横になった。
今までだったら、ここで怒鳴るところだったが・・
何となくいつもと違う。

「あー、お前わざとやってるな」と言うと

娘はくすくす笑いながら起きあがった。
幼い頃の甘えん坊の顔があった。

今までだったら・・
私が怒鳴って、
娘はぷんぷん怒りながらお風呂に行くケース。

去年、娘との関係に悩んでいた頃
友人(女性)がこんな事を言ってくれた。
(年頃の娘の気持ちは)
「自分だけを見ていて欲しい!…けど干渉して欲しくない。」
すばらしい言葉だった。
やっと父親に対する娘の気持ちが分かったような気がした。
そして、少し安心した。

そして今、「キレる子供たち」を書くようになって
少し子供に対する接し方を変えた。
子供も少し変わった。(ような気がする)

まだまだ不安だらけだけど。
3人の子供を、それぞれしっかりと見てあげよう。
子供は声には出さないけど、
自分の存在を認めて欲しいのだから。


皆様のお役に立てることを願っています。

「窓あきシート」は特許を申請していますが、
皆様のご家庭で作り、使用する範囲では制限しません。
商用で使用する場合のみご注意下さい。

窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、
ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
60進法に興味がある人はこちら→亀井喜久男HP

キレる子どもたち | 15:04:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
再び BEST the mellow
今日はちょっと忙しくて
「キレる子供」をアップできません。
申し訳ありません。

ところで、昨日の夜、
携帯に着信があったのですが、
番号に見覚えはありませんでした。

「もしもし・・新しい窓1113(実際は本名です)ですが・・」

「あ、あの~、新幹線の中でCDを買ってもらった・・
 あの~、覚えてますか?」

「えー!、覚えてる、メローさんですか?」

「はい、そうです」

何と、あのBEST the mellowさんからの電話です。
知らない人はここをクリック→ BEST the mellow

彼のブログに応援コメントを残したこと
私のブログで彼のことを紹介したことなど、
御礼を言うために、
わざわざ電話してくれたのです。

しかも、いろいろ話したあと、
「表示されている番号は、僕の個人の携帯番号です。
 登録していただいてけっこうですから」
なんと、携帯番号までGetしてしまいました。(^-^)
(これだけは誰にも教えられませんm(- -)m)

しかし、ビックリしました。
メールかコメントで済む内容を
わざわざ電話してくれたのです。

ここに詳しく書けませんが、
ブログ上のことで「?」と思うこともありました。
ちょっと人間不信になりかかっていたのですが、
この電話で吹き飛びました。

コメントしていただいたり、
メールをいただいたりすると
ホントうれしくなりますね。
元気づけられます。
これからもよろしくお願いします。

それはともかく、
こんなところに、彼の礼儀正しさや優しさを感じてしまいます。
いい青年ですね。
彼がメジャーになったときには、
このエピソードも大切なものになるかもしれない。
きちんと書いて保存しておこうと思いました。

人の縁というのは不思議なものですね。
たまたま新幹線で隣り合わせになった。
たまたま(思い切って)話しかけた。
それだけで新しい縁が生まれる。


彼のオフィシャル・ウェブサイトはここです(↓クリック)
http://www.ambic.co.jp/best/

皆さん、応援してくださいね。
この心優しき青年を。

皆様のお役に立てることを願っています。

「窓あきシート」は特許を申請していますが、
皆様のご家庭で作り、使用する範囲では制限しません。
商用で使用する場合のみご注意下さい。

窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、
ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
60進法に興味がある人はこちら→亀井喜久男HP

未分類 | 14:49:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
「キレる」子供たち7 病理との関係
病理とキレの関係については、
私は全く素人ですから、
以下の書籍に書いてあることを紹介していきたいと思います。


「キレる青少年の心」(北大路書房 宮下一博・大野久 編著)

青少年がキレるとき、その言動の背景には希に病理的な問題が存在することがある」(P30)そうだ。

主なものを上げておきます。
①統合失調症
状況に不適切な怒りを突然爆発させて、
周囲は何を怒っているのか理解できなかったりする。
ただ、こうしたキレは必ず出現するとは限らない。

②人格障害(境界性人格障害)
見捨てられることの不安が非常に強く、
それを避けるために異常なまでの努力をする。
相手に対して非常に穏やかで従順で、
相手を慕い尊敬しているような態度を示していたかと思うと、
自分の思いと違うと感じられると
突然、態度ががらりと変わり、激しい怒りをぶつけることもある。

③心的外傷後ストレス(PTSD)、解離性障害
心的外傷を得た当時の感覚や感情もそのまま再体験してパニックに陥る。
周囲には、突然キレたかのように感じられる。
解離:あるはずの記憶や体験が部分的に思い出せない状況。

④注意欠陥・多動性障害(ADHD)
他の子供と比べて落ち着きがなく注意散漫で、衝動的になりやすいのが特徴。
キレにかかわる可能性がある障害と指摘されている。
原因は何らかの器質的障害が背景にあるという考え方が有力だが、
決定的な証拠はなく、短絡的に両者を結びつけるのは危険。

⑤その他
精神遅滞や自閉症などの発達障害においても、
状況を適切に把握できずにパニックに陥った場合や、
感情、衝動のコントロールが難しい場合、キレが出現しやすい。



キレが繰り返されて持続する場合と極端に激しい場合などは、この可能性があるということです。(あくまでも可能性です)

この病理的なキレとそれ以外のキレは、根本的に原因が異なるので、
正しい理解と対応が必要になってくるようです。

病理的なキレの場合は、
相談機関、医療・保険期間との連係が必要になってくる。
そのうえで、薬物療法・心理療法を通して改善を図ることができるというものです。


恥ずかしいことに、
私はこのことについてほとんど無知でした。
偏見の目で見ていたような気がします。

今あらためて考えてみると、
この「病理的な原因に由来するキレ」に対して、
私たちができることは、

正しい理解と知識を持つこと。
 ①障害を持った子供が一番苦しんでいるという認識
 ②親の育て方の問題ではないという認識
 ③学校の先生の問題でもないという認識


このことで苦しんでいる人たちを何らかの形で支援すること。

間違った知識をもとにした偏見を持たないこと。

ではないかなと思っています。
(ただ、これはあくまでも私個人の考えです)
この件については、もう少し調べてもっと認識を深めたいと思っています。
単に書籍の紹介になってしまったようで申し訳ありません。


足りない部分は、こちらのHPで見ていただく方がいいかと思います。
「軽度発達障害フォーラム」 http://www.mdd-forum.net/index.htm

※ 今回の私の記事は、「キレる」原因が全て病理的な問題にあると言っているわけではありません。また、発達障害を持っている子は全て「キレる子ども」であると言っているわけではありませんので、その点は誤解のないようにお願いします。


皆様のお役に立てることを願っています。

「窓あきシート」は特許を申請していますが、
皆様のご家庭で作り、使用する範囲では制限しません。
商用で使用する場合のみご注意下さい。

窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、
ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
60進法に興味がある人はこちら→亀井喜久男HP


キレる子どもたち | 11:57:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
キレる子供たち6 TV,ゲームの影響
4年前から、「ゲーム脳」という言葉がでてきました。
私は、その本を読まなかったのですが、
ゲームと非行の問題は関係あるんじゃないかな?
という程度に思っていたので、
なるほどね~という印象を持った覚えがあります。

ところが、
今回この「キレる子供たち」を書くために、
いろいろ調べていくと
この「ゲーム脳」の考え方(ゲームは脳を破壊する)に対しては
現在否定的な意見が多く、
実際には「分からない」というのが現状のようです。
ビックリしました。
(知らなかったのは私だけか?)

ここにもマスコミの影響が出てるな~。


それでは、TVやゲームについて、
現在どういう問題が出されているか資料を見ていきます。

(1)内閣府が行った調査(平成10年 対象:小6および中2 3242人)

①テレビ暴力シーンへの接触量が多くなるほど
 ・暴力行為を経験している者の割合が多くなっている。
 ・暴力を許容する内容に賛成する者の割合が多くなっている。

③暴力への欲望
 全体で(暴力シーンをよく見る見ないに関わらず)、
 「むしょうに暴れたくなること」が
 「よくある」は14%、「たまにある」は45%であり、

 「誰かを殴りたくなる」については、
 「よくある」は11%、「たまにある」は34%であり、

④テレビ暴力シーン接触と被害者への共感性については、
 テレビ暴力シーン接触量が多いほど
 被害を受けた者のつらさに対する共感性が低くなっている。

⑤言葉でうまく説明できない経験は、暴力への欲望だけでなく、
 実際の暴力経験とも強い関連を持っている。

⑥ゲームへの関与と非行・問題行動の有無との間にも関連が見られ、
 ゲームをしている時間が長い者ほど、
 非行・問題行動のある割合が高くなる傾向がある。

⑦学校でのテレビ視聴についての教育・指導に関しては、
 「学校で教育・指導すべきである」という回答した者は、
 父親で30%、母親では28%である。




「キレる」との関連については、あまり関係のない報告ですが、
暴力・非行についての関心も高いようなので資料として出しておきます。

ここで気になるのは、
③ 「暴力シーンを見る見ないに関わらず暴力への欲望が高いこと」
半分近くの子供たちがそんな風に考えている現実が怖い。

⑤ 「言葉で上手く説明できないことが暴力と強い関連性があること」
コミュニケーション能力の問題ですね。

⑦ 「テレビ視聴の指導を学校に望む親が多いこと」
家庭の問題でしょうと言いたくなるのですが・・
親の考え方の方が大きな問題ですね。


(2)「有害」規制監視隊 メディアの影響

① 斎藤環氏(ひきこもり研究の第一人者)
「メディア上の暴力表現が、受け手である青少年を暴力に向かわせるという『強力効果説』は、
現在までに、ほぼ否定されている」
② 佐々木輝美氏『メディアと暴力』
悪影響を支持する証拠は多く、
「現在までに、ほぼ否定されている」のは、むしろ悪影響はないとする立場である。




何かはっきりしないところです・・
 
ゲーム、TVの暴力シーンと非行の関連性はあるようですが。
ゲームと「キレる」の関連性については、あまり資料がありません。
分からない、「何とも言えない」が今のところ正しいようです。


今日まで気づかなかったのですが、こんな資料もありました。
(3)「家庭を聖域にしてはいけない」内にある資料
 「テレビ脳
 「キレる子増加

テレビを見過ぎると、物理的に思考力が衰弱する(頭が悪くなる、呆化する)、
もしくは、心が破壊される(自己中化する)、どうもこの疑いが濃厚である。




最近、この「テレビ脳」が注目されているようです。
長くなりますから、URLだけ示しておきます。

結論じみたことを書けば、
ゲーム、TVそのものには、
今のところ「キレる」との関連性は分からない。
ということでしょうか。

ただ、低年齢からの過度のゲーム、TVは
・コミュニケーションが少なくなる
・体を動かす機会が減る
・熱中すると親のコントロールがきかなくなっている(依存症)
といった現象は残るようです。
そこからの心理的・生理的影響はいくつか存在するわけで、
「キレる」との関連性ははっきりしないからといって
子供に自由にさせてはいけないのでしょうね。
やはり、親がある程度コントロールしなくてはいけないと思います。

(3)内の資料も
育った環境(暴力容認)→身体的対決に対する偏った考え→共感性・道徳性の低下
の関連性は強いと指摘してあります。
同じ「キレた」た場合でも、
その方向(人に向かうか、ものに向かうか)は、
「育った環境」によって違うかもしれませんね。
そういう意味で、要因は複合的であると言われていると思います。

リスクが高いと思われるものに対しては
「君子危うきに近づかず (近寄らず、でした)」
を貫いた方がいいような気がします。


皆様のお役に立てることを願っています。

「窓あきシート」は特許を申請していますが、
皆様のご家庭で作り、使用する範囲では制限しません。
商用で使用する場合のみご注意下さい。

窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、
ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
60進法に興味がある人はこちら→亀井喜久男HP

キレる子どもたち | 15:09:33 | トラックバック(0) | コメント(4)
キレる子供たち5 もう一度「前提は正しいか?」
「切れる子供」の初回で
「ドラクエが流行り始めた頃から
万引きが増加してきたと話を聞いたことがありますが、」
と書きました。

その件が気になり、
「犯罪白書」等の過去のデータを検索したのですが・・

関連性は何も分かりませんでしたm(- -)m

一応、分かったことは次のことです。

青少年の犯罪は
検挙数でいえば、昭和60年から減少傾向が続き、
現在ではピーク時の半分程度になっているという。

しかし、
人口比(10万人当たりの検挙数)は、平成8年頃から、上昇して、
ピーク時に次いで高い水準(H17年犯罪白書
らしい。
小子化が進行しているので、こうなるわけですね。

ただ、ここに表れている数字は、
警察が認知した少年犯罪と、実際に検挙された少年だけを
対象としているところに問題があること浮かび上がってきました。

つまり、警察が認知していない(届け出がない、または受理しなかった)犯罪については、何も分からないわけです。

また、こんな資料があります。

1 H15年東京都調査「万引きをした者をつかまえた場合の対処方法」
(左から①説諭、②買い取りさせる、③家族に連絡、④学校に連絡、⑤警察に連絡)
小学生 ①45人、②27人、③131人、④19人、⑤55人
中学生 ①35人、②34人、③ 96人、④31人、⑤98人


犯人が
小学生の場合は約20%、
中学生の場合は約33%しか警察に連絡されないのです。
残りの部分は、警察としては万引きが起きたことを認知していないのですね。

お店の人の対応をどうのこうのと言うつもりはありません。
ただ、認知されない万引きは非常に多いという現実に目を向けたいのです。
したがって、実数としては、発表された数字よりずっと多いと思います。
それはそれで大変なことだと思います。

しかし、
ある年度から急激に増えたということははっきりしていない。
だから、それを基準に判断してしまうと、
「的はずれ」になったり、「有害」になってしまうおそれがある。

私は、ここが心配でこのブログを書いているわけです。

これについて、
七星来人さんも「マスコミとの付き合い方
という題でブログで書いています。


また、これに関連して、(実にタイムリーでビックリしました)
今日の中日新聞3面に
元東京都治安対策部長の久保大氏の
『「治安悪化」に異議あり』という記事が載っています。

要は、統計資料に関して
・統計数字は氷山の一角
・公開する数字は、調整できる
・行政施策のために特殊なキーワード(治安悪化)を持ち出す

そのため、
「全国の自治体に広がっている施策は、
 ほとんどが的はずれであり、
 時には有害でさえある。」
と書いてあります。

まあ、ここも(マスコミですから)話半分として考えなくてはいけないのですが・・

結局、七星来人さんの言葉
「真実を知るためには、正しく考えるためには、
 主観と事実を区別して受け止める力こそ大切なのではないだろうか。」

が、キレる子供について書いていく場合に一番ふさわしいのでしょうね。


さて、ゲーム・TVと「キレる」の関連性については
少し書きにくくなってしまいましたが、
次回、できるだけ客観的に書いていこうと思います。


皆様のお役に立てることを願っています。

「窓あきシート」は特許を申請していますが、
皆様のご家庭で作り、使用する範囲では制限しません。
商用で使用する場合のみご注意下さい。

窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、
ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
60進法に興味がある人はこちら→亀井喜久男HP

キレる子どもたち | 15:45:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。