■おすすめサイト

全国の塾のブログを都道府県別に検索することができます

塾ブログ検索サイト 塾長・塾講師のブログを紹介しています。】

■窓あきシート教材販売サイト

窓あきシート教材購入希望の方はこちらへどうぞ。

桂川教育研究所のウェブショップ
窓あきシートどっとコム

■プロフィール

新しい窓1113

Author:新しい窓1113
特許になった「窓あきシート」を中心とした教材を使いながら小学生を教えています。「窓あきシート」を使っての学習法やその他の勉強法、教育問題、父子家庭の子育てを中心に書いています。

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FC2カウンター

■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
お父さんの裁縫指導
今日は父子家庭のお父さん(自分自身も含めて)への応援です。

「もうすぐ家庭科で裁縫があるんだー、いやだな~」と
一緒にお風呂に入っているときに下の子(男)がつぶやいた。
「お父さんは上手だぞ、お風呂から出たら練習しようか」ということで、
さっそくお父さんの裁縫指導が始まった。
(内心はヒヤヒヤものです)

針を持ったのは5年の1学期が初めてなので、糸を通すところから。
「糸を唾で湿らせて細くするんだよ」
これは何とかなった。
しかし、運針ができない。
「慌てなくてもいいから、次にどこから針を出すか考えて」
「縫い終わったところをよく見て、真っ直ぐになるように」
間隔は広く、バラバラ。
真っ直ぐ縫えない。
初日はワンワン泣きながら終わった。

次の日(昨夜)は大きく進歩した。
素早く針に糸を通し、縫い始める。
初めは昨日と同じような縫い方だったが、
1回ごとに間隔が狭く、等しくなってきた。
「おっ、上手いじゃん」
「うん」
「だいぶ真っ直ぐになってきたね」
「うん」

最後はたま止め。
息子は「これができないんだ」と言っている。
「糸を引っ張りすぎないように」
「針先をまわして」
上手くいかない。

自分でやってみながら
「じゃあ、糸を針に巻くように」
(どっちが正しいのか分からないけど・・)
「おっ、いけるじゃん」
「うん」
「最後は糸をぎゅーっと引っ張ってから針を抜くんだよ」
「うん」
「よし、上手くいった。もう一回やろうか」
「うん」

何とかさまになってきたので。泣かないで終わることができました。
(先生、間違っていたらごめんなさい)

父が息子に裁縫を教える姿。
ほとんどできないのに、自分の少ない体験を頼りに教えている。
なんとなく奇妙だけど楽しそうじゃありませんか?
もう、惨めって感じる時期は過ぎましたよ。
でも、不安はいつまでもつきまとう。
子供たちが独り立ちできるまでは仕方がないと思っています。
父子家庭のお父さん、一緒に頑張りましょう。


ところで、
勉強も同じですね。
まず、逃げないでやってみる。
上手くいったら、忘れないようにもう一度繰り返す。
2回続けて上手くいけば、けっこう自信につながります。


今日はこんな事(↑)を書こうかと思っていたら、
GOAL通信の「書けない子供たち」にも同じようなことが書いてありました。
(↑クリック)私の話より、もっと勉強に直結しています。


皆様のお役に立てることを願っています。

「窓あきシート」は特許を申請していますが、
皆様のご家庭で作り、使用する範囲では制限しません。
商用で使用する場合のみご注意下さい。

窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、
ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
60進法に興味がある人はこちら→亀井喜久男HP

スポンサーサイト
子育て | 15:54:50 | トラックバック(0) | コメント(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。