■おすすめサイト

全国の塾のブログを都道府県別に検索することができます

塾ブログ検索サイト 塾長・塾講師のブログを紹介しています。】

■窓あきシート教材販売サイト

窓あきシート教材購入希望の方はこちらへどうぞ。

桂川教育研究所のウェブショップ
窓あきシートどっとコム

■プロフィール

新しい窓1113

Author:新しい窓1113
特許になった「窓あきシート」を中心とした教材を使いながら小学生を教えています。「窓あきシート」を使っての学習法やその他の勉強法、教育問題、父子家庭の子育てを中心に書いています。

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FC2カウンター

■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
キレる子供たち3 食生活
9月20日の「キレる子供」に
ペットボトル症候群について書きました。
これについて、
キレる青少年の心」(宮下一博・大野久 編著 北大路書房)の中で書かれていました。
この本は、「キレる」原因について、いろいろな側面から取り上げていて
とても分かりやすい本だと思います。
ぜひ一読してください。このブログでいくつか紹介していきたいと思います。

まずは食生活です。

以下「コラム⑨」(P59)より引用です。




大沢博・岩手大学名誉教授は少年院での調査から「キレる」青少年の食事の特徴として次のようなことをあげている。
 ・長期にわたって清涼飲料水の大量摂取
 ・甘い冷菓、スナック菓子、チップス類を大量に食べている
 ・朝食は食べない
 ・菓子パンやインスタント麺の食事
 ・副食として肉、特に焼き肉や肉加工品をよく食べている
 ・野菜、特に根菜はほとんど食べない

このような食事の問題点として、甘いものの過剰摂取とビタミンやミネラルの不足が指摘刷ることができる。

①「キレる」ことと低血糖症
低血糖症は脳に影響を及ぼす。脳にブドウ糖が十分に供給されないと、疲労、イライラ、集中力低下などの症状が現れる。低血糖は甘いものに含まれる糖分の大量摂取によって引き起こされる。(中略)低血糖症になると、アドレナリンが副腎から分泌される。アドレナリンは攻撃ホルモンともいわれ、人を攻撃的暴力的にしてしまう。

②ビタミンとミネラル不足
カルフォルニア州立大の調査で、300人の凶暴な少年の食事に共通していたことは、ビタミンとミネラルの不足であったと報告している。
たとえばビタミンB1が欠乏するとケンカしやすいとか非協力的になる。
(以上引用終了)




食生活の乱れによって、自分が気づかぬ間にイライラし、暴力的になっている。
食べているときは、血糖値も上がって機嫌もいいが、
甘いものを食べられない学校などで血糖値が下がってきたら、
何かのきっかけでキレてしまう・・
こんな構図が考えられるのかな?
前に書いた校長先生は、このことを言っていたのですね。

ところで、子供たちが、学校でキレるのは、何時頃が多いのだろう。
もしかしたら、給食前か、帰宅する頃に多いのではなかろうか。


子供がイライラしたり、集中力が欠けている姿を見ると、
つい、子供に責任があると思いこみ、子供を叱っている。
ひょっとすると、自分が出した食事に原因があるにもかかわらず。

そういう場合って、子供にとっては辛いですね。
自分だってわけが分からないわけでしょ。
この場合、親も自分のせいだとは認識していないんですよね。
そんなとこから親子の絆が壊されて(?)いく。
何か悲しいですね。


食事を改善すれば、全て問題は解決するとは思っていませんが、
キレる要因と考えられていることは、少しでも減らしたいですね。

子供たちの食生活は、親が責任を持っています。

清涼飲料水の代わりによく冷えた麦茶を作っておく。

おやつにしても…今はどこを探してもスナック菓子の類しかないか・・
じゃあ、量を管理する。
1袋そのまま与えるのではなくて、半分だけ出しておく。

カップ麺は極力減らす。

朝食は必ず食べる。

肉類は少なく、魚を増やす。

今まで甘いものに慣れた子供たちは、反発しますよね。きっと。
でも、これこそ大切な躾だと思います。
きちんと言い聞かせれば、きっと変えることができると思います。
その前提となるのが、親の愛情だと思います。
結局のところ、
「キレる子供たち」問題は、それが全てとなってくるんじゃないでしょうか。

いきなり、こんな結論めいたことを書いた理由は、
今日、素晴らしいブログを見つけましたからです。(↓クリック)

namiママ先生の前向きな日々~育児休業編~
「少年犯罪を考えるはめになる」シリーズ

ぜひ読んでください。本当に素晴らしい内容です。
私も最終回に触れていこうと思っていた事ですが、こちらの方がもっとすごいです。


ヤフーで「低血糖症」で検索したところ、すでに何人かがブログで書かれていました。

その中から、次のブログをご紹介します。

All about ”キレる”子どもにはワケがある? 小学校の「校内暴力」急増中!


「キレる子供」は、もう少し長くなりそうです。
もうご存知の方もみえるかもしれませんが、
大切なことだと思いますので、自戒の意味も含めてまとめていきたいと思っています。
題名も「キレる子供たち」と変えていきます(特に意味はないですが)。



皆様のお役に立てることを願っています。

「窓あきシート」は特許を申請していますが、
皆様のご家庭で作り、使用する範囲では制限しません。
商用で使用する場合のみご注意下さい。

窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、
ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
60進法に興味がある人はこちら→亀井喜久男HP

スポンサーサイト
キレる子どもたち | 11:49:33 | トラックバック(0) | コメント(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。