■おすすめサイト

全国の塾のブログを都道府県別に検索することができます

塾ブログ検索サイト 塾長・塾講師のブログを紹介しています。】

■窓あきシート教材販売サイト

窓あきシート教材購入希望の方はこちらへどうぞ。

桂川教育研究所のウェブショップ
窓あきシートどっとコム

■プロフィール

新しい窓1113

Author:新しい窓1113
特許になった「窓あきシート」を中心とした教材を使いながら小学生を教えています。「窓あきシート」を使っての学習法やその他の勉強法、教育問題、父子家庭の子育てを中心に書いています。

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FC2カウンター

■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
買い取り価格の違い(古本)
本が好きでいろいろ買っています。
仕事関係の本以外には
気分転換にはミステリーやハードボイルドを読んでいます。
ローレンスブロックはいいですね。

さて、
本棚が一杯になってきたので、少し整理しなければなりません。
古本屋は何軒かあるのでどこが一番高く引き取ってくれるか考えました。
ブックオフかマジカルか、それともブックタウンか・・
安い値段をつけられても
「それじゃいいです」と言えない小心者ですから
悩みます。

そこで、100冊の文庫本を
同じように分けて(けっこうきれいなものばかり)、2軒の古本屋に持ち込みました。

全国展開しているA店(上に書いてあるから分かっちゃうかな)
50冊で330円!
26冊しか値段がつかない。
高くて20円・・

基準を聞くと本の状態と「発行日」
え~別の系列店では「発行日」は関係ないと言われたのに・・
まあ、しかしフランチャイズ店だから、本部の方針によって違うかもしれない。

ショックを受けながら(1000円ぐらいになるかと思っていたので)
次の古本屋に行きました。

東海3県を中心に進出しているB店
50冊+A店の残り24冊で1200円近く!
値段のつかないのは3冊だけ。(A店で値段がつかなかったものにもつきました)
それでも1冊最高30円です。
もっとも100円で買った本ばかりですから、上等かな?
この店では、本の状態だけで決めていました。
発行日は関係ないそうです。

店によっていろいろ違いますね。

ところで、漫画はプレミアがつくものがあります。
最近では少しブームが去ったような気がしますが、けっこう高額で取引されています。
1冊400円程度だった漫画が1万円を超えることこともあります。
さすがに、そこまでいくものは少ないのですが、
たまに、これらの古本屋で100円で売られています。
売る方も買う方(新しい古本屋)も価値を知らないのですね。
こういったものを見つけるのも古本屋巡りの楽しみなところです。
漫画を売るときはご注意を。


皆様のお役に立てることを願っています。

「窓あきシート」は特許を申請していますが、皆様のご家庭で使用する範囲では制限しません。商用使用をお考えの場合はご相談下さい。まもなくPDFファイルのCD版をご紹介できそうです。
窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
60進法に興味がある人はこちら→亀井喜久男HP


スポンサーサイト
未分類 | 17:22:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
田植えが終わりました
昨日の記事に対するアクセスには驚きました。
アップして1時間もたたないうちに24のアクセス!
「坂井泉水」のキーワードで集まったようです。
(「松岡農相」はあまりありませんでした~)
この二人を1つの記事の中に入れるのは、少々乱暴でしたね。

今朝は7時半から田植えを始めました。
弟の仕事の関係で何とか午前中に終わりたかったのです。
田んぼは2反。
2条植えの田植機(歩くやつ)で2時間半ほどなんですが、
植え込みミスがあったり、
「一本立ち」(苗が1本しかないと分けつしない)のものもありますから、
その部分は手で植えなければなりません。
これがけっこうきついんですね。

昔の田植えと同じように、腰をかがめ植えていきます。
腰が痛くなってきます。
ぬかるんだ土に足も取られます。
学生時代に痛めた膝の古傷が痛みます。
それでも、苗がなくなるまでず~っと田んぼの中を歩き続けます。

40年ほど前は
田んぼが5反あって、全て手植えでした。
朝から晩までず~っと腰をかがめたまま作業していました。
よくやったなーと思います。
昔のは我慢強かったのですね。

とはいえ、いまでも米作りは大変なんですよ~。
残さないで沢山食べてくださいね。
苦労している生産者に感謝して(笑)

最も2反程度では出荷するほどでもないんですけどね。

途中、田植機のエンジンにばらつきが出始め修理に時間をとられたり、
雨が降ってきたりしましたが、
(田植えの最中の雨は全く気になりませんよ、水の中だからでしょうかね)
何とか12時過ぎには終了しました。

やれやれです。
後は2,3日したら除草剤をふる作業があります。
本音は無農薬でやりたいのですが・・
カルガモでも飼うか!なんてね。

あ~腰が痛い。

あ、そういえば子供会の田植えがもうすぐあるんだ
京都のセミナーの日と一緒かな?
そうすると次男の勇姿(?)が見られないなー。
まあ、話だけでも聞けるかな?


皆様のお役に立てることを願っています。

「窓あきシート」は特許を申請していますが、皆様のご家庭で使用する範囲では制限しません。商用使用をお考えの場合はご相談下さい。まもなくPDFファイルのCD版をご紹介できそうです。
窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
60進法に興味がある人はこちら→亀井喜久男HP


未分類 | 15:04:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
ZARDと松岡農相
今日はこのことしか書けないですね。
ZARDの坂井泉水と松岡農相の2つの訃報が日本中を駆けめぐった。

ZARDは好きなユニットでした。
車のCDチェンジャーにはベストアルバムのCDを入れています。
坂井泉水の透き通るような声が好きでした。
二度と坂井泉水の新しい歌がでないかと思うと残念です。

ご冥福を祈ります。

ZARDについては「About ZARD」に詳しく出ています。


松岡農相
死ななければならなかったということは
これまで報道されてきたことが真実だということ。
誰から見ても詭弁でしかないことを言い続け、真相を明らかにしないまま死んでいくとは・・
きっともっと深いものがあったのでしょう。
前にも書いたのですが、
うそを認めない安倍首相をはじめ政府の責任は重い。

言動や疑惑は私には受け入れられませんが、ご冥福を祈ります。


マスコミ報道について
TVではどちらも詳しくやっていましたが
ある新聞の朝刊には松岡農相の件だけしか書いてありません。
ZARDの件は全くなかったのですが、忘れたのかな?
さて、記事中に気になる部分がありました。
「懸命な救命措置をとらなかった」
う~ん、搬送から死亡の発表まで2時間弱だったからこういう表現なのかな?
でも、救急隊員が懸命に心臓マッサージをしている姿も映っているんですが・・
こんな見方は失礼じゃないのかな?



皆様のお役に立てることを願っています。

「窓あきシート」は特許を申請していますが、皆様のご家庭で使用する範囲では制限しません。商用使用をお考えの場合はご相談下さい。まもなくPDFファイルのCD版をご紹介できそうです。
窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
60進法に興味がある人はこちら→亀井喜久男HP


未分類 | 11:43:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
子どもの歩く速さ
さて、土曜日の報告です。
土曜日は心配された雨もなく、(と言うか天気が良すぎました)、
多くの保護者が親子登校に参加しました。
息子のクラスで3割ほど、低学年ほど多くの保護者が参加しているので、
4割以上の保護者が子どもと一緒に登校したようです。
低学年の子は親と手をつなぎうれしそう。
高学年の子もはにかみながらも悪い気はないようです。
要所要所ではお年寄りが子ども達の登校を見守っています。
(この地区では下校時もお年寄りが見守っています。いじめにも対応してくれました)

さて、一緒に登校して一番感じたこと。

子どもは歩くのが速い!

入学したばかりの1年生も一緒でしたが、すたすたと歩いていきます。
うかうかしていると置いてきぼりを食らいそう。
そうですね・・たまにウォーキングをやるのですが、そのときの速さに近い。
一緒に歩いていたお母さんも、別の登校班のお父さんも同じことを話していました。

そういえば次男が1,2年生の頃、忘れ物を持って追いかけたとき、
思ったより遠くまで行っていたことを思い出しました。
あの時もこんな速さで歩いていたんですね。
大きなランドセルを背負った「おチビ」が、一生懸命上級生について行く。
そんな風にだんだんたくましくなっていったかと思うと
思わず我が子がいとおしくなります(ちょっと大げさ?)。

やっぱり一緒に歩いて良かった~。

一昨日に書いたプリントについては
やはり、
雨が降ったら、小さい子供を持つ親には授業参観させないのか
と、かなり強い口調で(もちろん匿名で)クレームが入ったようです。
確かに一理あるんですが、
ちょっと考えればいろいろ対応がありそうなんですが、
そこまで深く考えなくなってきたのですね。

塾に来た子どもに聞きました。
「雨が降っても一緒に歩いてもらいたいよね?」と

子どもは「うん」って答えていましたよ。

子ども達が教室に入った後、まだ外に残っていた先生に、
「あのプリントは残念でした、雨の中を歩く子どもの気持ちを知るチャンスがなくなってしまいますね」
と話したところ、(ん?これもクレームか?)
「そう言ってもらえて、ありがたいです」と言われましたよ。
いろいろ話したのですが、
「学校側からもっといろいろな考え(クレームも含めて)を父兄に発信したらどうでしょうか」
としっかり言ってしまいました~(笑い)

いろいろな父兄からの要望の中、
一生懸命行事に取り組む学校・PTAの方々、お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。
けっこう早く学校に着いたので、後から登校してくる子ども達を見ていましたが
みんなうれしそうでした。
いい行事でした。


皆様のお役に立てることを願っています。

「窓あきシート」は特許を申請していますが、皆様のご家庭で使用する範囲では制限しません。商用使用をお考えの場合はご相談下さい。まもなくPDFファイルのCD版をご紹介できそうです。
窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
60進法に興味がある人はこちら→亀井喜久男HP


教育問題 | 15:45:06 | トラックバック(0) | コメント(2)
代かき
先週蒔いた籾も順調に育ち、もうすぐ田植えです。
今日は代かきです。
2年前までは、耕耘機でやっていました。
どうしても凸凹になり、あとでトンボでならします。
毎年のように土を入れていたので(肥えた山土・・普通はやらない)、
けっこうならすのが大変でした。

2年前、父が入院していたので、私と弟で全てやったのですが、
それまで手伝い程度しかやっていなかった二人には難しいものでした。
トラクターで代かきをしている近所の人に秘訣を聞きました。
浅くすること!
それまではけっこう深くおこしていたのでトラクターが入らなかったのです。

去年からは、初めから田んぼを浅くおこしました。
いよいよトラクターで代かきに初挑戦です。

なんと簡単なことか!

ホントに楽にできました。
感動ものです(やったことのない人には分からないだろうな)
後でトンボでならすのも少なくすみました。
浅くしても田植えには支障が出ません。
そして、収穫は・・
今までで最高のできでした~。

今年は、父は腰痛のため全くできません。
弟も仕事で手伝えません。
と言うことで、私一人でやらなきゃいけないかな~と思っていたところ
長男が手伝ってくれました~
長男にとって、トンボを持って田んぼに入るのは初めてのことです。
一生懸命やっていました。

トラクターと長男の手伝い、
2反の田んぼの代かき、4時間の作業でした(手抜きか?)

だんだん我が家も世代交代ですね。
そのうち、次男にもお手伝いさせなくちゃ


皆様のお役に立てることを願っています。

「窓あきシート」は特許を申請していますが、皆様のご家庭で使用する範囲では制限しません。商用使用をお考えの場合はご相談下さい。まもなくPDFファイルのCD版をご紹介できそうです。
窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
60進法に興味がある人はこちら→亀井喜久男HP


未分類 | 15:56:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
幻の計算ゲーム52
窓あきシートのサンプルの無料ダウンロードはこちらから→「塾ブログ検索サイト」さん

塾関係者以外でもダウンロードできますよ。
画用紙に印刷して窓をあければ窓あきシートのできあがり。
試してくださいね。


問題
「8,11,15,2,4」から「10」を作ってください。


(10秒以内)

数字は、カードを切って順番に並べたものです。(ホントですよ)
詳しい内容や遊び方はこちら(←クリック)を見てください。

答えは「全文を表示」をクリックしてください。


続きを読む >>
幻の計算ゲーム | 22:00:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。