■おすすめサイト

全国の塾のブログを都道府県別に検索することができます

塾ブログ検索サイト 塾長・塾講師のブログを紹介しています。】

■窓あきシート教材販売サイト

窓あきシート教材購入希望の方はこちらへどうぞ。

桂川教育研究所のウェブショップ
窓あきシートどっとコム

■プロフィール

新しい窓1113

Author:新しい窓1113
特許になった「窓あきシート」を中心とした教材を使いながら小学生を教えています。「窓あきシート」を使っての学習法やその他の勉強法、教育問題、父子家庭の子育てを中心に書いています。

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FC2カウンター

■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
子どもの心を映す絵
先日、ある方のブログを読んでいて思い出したことがあります。
本当は私事についてはあまり書きたくなかったのですが、
(窓あきシートの関係上、近いうちにプロフィールを公表するつもりですので)
今の状況を改善できればという思いで書いていきます。

私の妻はいわゆる突然死でこの世を去りました。
私たち家族は、全く心の準備ができないまま、新しい環境に入っていかなければなりませんでした。
子供たちの精神状態はそれはもう大変な状態でした。
前にも書きましたが、娘はその後1年間の記憶がないそうです。
一番下の次男はまだ2歳半で、まだまだ母親の存在が必要な時期でした。
そこで、かかりつけの小児科医に相談したわけですが、
「保育園に通わせるのも1つの手ですよ」と言われ、
妻が死んでから半年あまり立ってから、近くの保育園に入園させました。

初めは保育園になかなかなじめず、よく泣いていましたが、
保母さん達の言葉に励まされ、任せることにしました。

その保育園では、「お絵かき」の中でわかった子どもの心理状態を保護者によく話してくれました。
入園したばかりの頃の次男の絵は、ほとんど黒一色でした。
やはり、相当な寂しさ、ストレスがたまっているとのことでした。
その話を聞けたおかげで、子ども達に対する対応が分かりました。


私は学習塾に勤務していましたので、子供たちとはすれ違いの生活でした。
子供たちが一番不安になる夜にそばにいてあげられない生活でしたので、
妻の死後は、近くに住んでいた私の両親に同居してもらいました。
たしかに、生活面はカバーしてもらえました。
でも、精神面では実の親の代わりにはなれませんでした。
また、病弱だった母も見る間にやせていく状態でした。
それもあって、私は今まで勤めていた塾を辞めて子育てに専念することを決心しました。
幸い、保育園、学校の先生方や周りの人たちの暖かい支援もあり、
子ども達は少しずつ元気を取り戻していきました。
次男の描く絵も少しずつ明るい色を出てくるようになりました。
それとともに、保育園での生活が変化してきました。
友達もでき、一緒に遊ぶことができるようになったのです。
それまでは、保母さんから離れることができませんでしたよ。

この絵のことを話してもらえなければ、
子ども達が立ち直るのにもっと時間がかかったと思っています。
園長先生をはじめこの保育園の保母さんにはとても感謝しています。
もちろん、上の2人が通っていた小学校の先生方にも感謝しています。
こんな経験があるから、今いろいろな問題が起きていても、私は先生方を信頼したいと思っているのです。

初めに書いたブログの方も
子どもが描いたナイフの絵を見て、その子の心に潜む苦しみに気づいたそうです。
ユーゴ内戦後の子ども達の絵にも同じようなことがあったと聞きます。


今いじめられている子どもが描く絵はどうなっているのだろうか?
同じような、モノトーンの絵を描いているのだろうか?
もしかしたら、隠されている子ども達の心の痛みを発見できるかもしれない。


子どもの心と描いた絵の関係に触れているサイトを以下に紹介しておきます。

・子どもの絵と心の研究所

・子どもの絵からその心が読めますか

・はやし浩司 絵でわかる子どもの心(1

・絵にはお父さん、お母さんを表わす形がある


皆様のお役に立てることを願っています。

「窓あきシート」は特許を申請していますが、皆様のご家庭で使用する範囲では制限しません。
商用使用をお考えの場合はご相談下さい。まもなくPDFファイルのCD版をご紹介できそうです。
窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、
ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
60進法に興味がある人はこちら→亀井喜久男HP
スポンサーサイト


子育て | 09:31:31 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
私も、わが子の落書きや、
学校での絵を気をつけてみています。
楽しみでもあります。

紹介してあるサイトは、ゆっくり見てみたいと思います。
興味深いですね。
正直、離婚後、絵の質が変わるかもと思ってもいましたが、
相変わらず賑やかで、遊び心は変わらず・・・
これをどう捉えるかは、また難しいですが、
「ボクの描いた絵、どう?」
と聞いてくれる・・これだけで嬉しくなります。

絵は、美術は、本当に心が宿ります。
悲哀を表す物もこれはこれで、良いでしょうが、
純粋なる子供から、浮き出てくるのは、
悲しい事です。

温かい絵、情熱的な絵を描ける子に、
そしてそんな家庭を築ける親になりたいです。
2006-11-20 月 22:50:13 | URL | マー [編集]
マーさん
おはようございます。
そうですね、一昨日、お風呂で聞きました。(まだ一緒には言っているんですよ)
どんな色が好きなの?って
そしたら、黄色やオレンジ色だって。
もう、あのころの暗い絵は書かなくなりましたよ。
2006-11-21 火 10:30:44 | URL | 新しい窓1113 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。