■おすすめサイト

全国の塾のブログを都道府県別に検索することができます

塾ブログ検索サイト 塾長・塾講師のブログを紹介しています。】

■窓あきシート教材販売サイト

窓あきシート教材購入希望の方はこちらへどうぞ。

桂川教育研究所のウェブショップ
窓あきシートどっとコム

■プロフィール

新しい窓1113

Author:新しい窓1113
特許になった「窓あきシート」を中心とした教材を使いながら小学生を教えています。「窓あきシート」を使っての学習法やその他の勉強法、教育問題、父子家庭の子育てを中心に書いています。

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FC2カウンター

■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
漢字の宿題について
前回「自作プリントの漢字書体に気をつけてくださいね」ってお話をしましたが、もう少し付け加えます。

昨日、塾にきている子供が2学期の漢字会プリントを持ってきました。
塾ではそのプリントをすぐ窓あきシートに作り替えて渡すのですが、
子供が持ってきた解答プリントを見てびっくりしました。
全部明朝体の漢字なんです。
明朝体と教科書体は画数が違うものがあります。
たとえば、「比」(明朝体)の左側をみてください。
3画に見えますね。でも本当は、かたかなの「ヒ」と同じで2画なんです。
これでは、間違った漢字を覚えてしまいます。


何年か前の先生が作った漢字会プリントもそうでした。

せめて先生のパソコンには。
教科書体を入れませんか。

せっかく授業で書き順指導しても、これじゃあ子供は混乱しますよ。
先生、何とかしましょうよ。

ただ、この解答プリントの場合は
既製教材プリントのような気がしましたね。
なんか手作りと違うような・・
もしそうだったら、これを作った教材プリント業者はいけませんね。

そういえば、塾もそうでした(今はどうかわかりませんが)。
教科書体でなく、明朝体でプリントを作ってテストをしていました。
書体についての認識が甘いのですね。
一度、塾でもらったプリントを見てください。


もう一つ、漢字ドリルの宿題について。
これはもういろいろなブログでも出ている問題ですが、

① 読み方ページの宿題で読み方(ひらがな)をノートに書かせる
② 完全に書けないのに書取ページの宿題をテスト形式で出す。
③ ②の時、間違っているかチェックする前に、残りのますに漢字を書かせる
④ 1行同じ漢字を書かせる


という点に問題があると思います。

①について
読むだけでいいのではないでしょうか。次の日、授業のはじめに順番に1問ずつ読ませれば、短時間で確認ができますし、子供たちは聞いて覚えると思うのです。ついでに、授業で説明した他の使い方を復習することもできるような気がしますが・・
②~④について
間違いが固定化する原因になっていると思います。
熟語、送りがなを覚えさせる目的で、読み方ページを使って漢字を書く練習をさせることが大切だと思います。書取ページではテストでいいんですが、1回テストをし、答え合わせをする。間違っている漢字だけ残りのますに練習するという方法にすれば、子供の負担も減り、モチベーションも上がるのではないでしょうか。先生にとっても子供の理解度が一目瞭然ですし、全体としてどこが弱いかわかり、次の授業にいかせると思うのですが・・。どうせ宿題のチェックをするでしょうから、より効果のある方法を考えてみませんか。

ただ、これはあくまでも私の見方です。もっといい方法があったら教えてくださいね。


皆様のお役に立てることを願っています。

「窓あきシート」は特許を申請していますが、皆様のご家庭で使用する範囲では制限しません。商用使用をお考えの場合はご相談下さい。まもなくPDFファイルのCD版をご紹介できそうです。
窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
60進法に興味がある人はこちら→亀井喜久男HP
スポンサーサイト


漢字 | 13:40:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。