■おすすめサイト

全国の塾のブログを都道府県別に検索することができます

塾ブログ検索サイト 塾長・塾講師のブログを紹介しています。】

■窓あきシート教材販売サイト

窓あきシート教材購入希望の方はこちらへどうぞ。

桂川教育研究所のウェブショップ
窓あきシートどっとコム

■プロフィール

新しい窓1113

Author:新しい窓1113
特許になった「窓あきシート」を中心とした教材を使いながら小学生を教えています。「窓あきシート」を使っての学習法やその他の勉強法、教育問題、父子家庭の子育てを中心に書いています。

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FC2カウンター

■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
いじめた子の更正 大河内清輝君自殺の場合
一昨日、大河内清輝君のお父さんが出演した報道番組の最後に
ナレーションでこんなことを言っていたのをご存じでしょうか。

彼をいじめていた4人の同級生のうち3人が毎年命日に焼香に訪れるという。
彼らは、事件後、教護院や少年院に行っていたという。
今は、社会人としてふつうの生活を送っているという。

なんか救われた。
確かに彼らは1人の同級生を自殺に追い込んだ。
でも、自分の行った行為を反省し、謝罪し、そして人生を前向きに取り組んでいる。


人間ってこれが大事じゃないかな。
それを気づかせてくれる場所があれば更正できると思う。
(もちろん、女子高校生コンクリート詰め殺人の犯人のように更正できない者もいるが・・)
それが、学校でできれば一番いいと思っています、
誰も子供を施設に送りたくないですよね、私も本音はそうです
でも、できなければ家庭、それでもだめなら施設で行ってもいいと思います。
子供たちが、本当に自らの罪の意識を感じ、更正できる場であれば、
それが施設であったとしても、かえって子供にとってもいいのではないでしょうか。
私はそう思います。

今の学校では限界があります。
一生懸命やってみえる先生たちの現状を無視してはいけないと思います。
非難する前に、自分ができるかどうか考えてみればどうでしょう。
私だったら・・できないと思います。


ただ、出校停止は簡単にはいかないようですね。
こちらのブログを見れば、その問題点がよくわかります。
いじめで出席停止はできるか?(教育毒本)
それでも、管理人のシーサーさんは期待していたんですね。
ここにかかれている問題点を、学校に押しつけるのではなく、
教育委員会が、国がフォローするという体制まで考えていたんだろうと。
それでなければ運用は難しいですね。

出校停止にさせられる、施設に送られる、
そうした子供たちを、
更正してもなお「ワル」だと見なしてしまう世間の問題はどうでしょうか
これがあるから、「加害者の人権は・・」とくる。
立派に更正した子供を暖かく迎える態勢があればこんな問題は出てこない。

施設は「悪の連鎖・広域化につながる」という現実もありますよね。
でも、それは施設の問題じゃないですか?
施設が更正につながっていないなら、何のための施設でしょうね。
こちらの方もゆゆしき問題だと思うのですが・・

12月5日追記 「お詫び」
このことについて七星 来人さんからご指摘がありました。「日本の施設の再犯率は約10%で世界と比べても非常に低い水準である」とのことでした。施設で働いている人が怠慢じゃないかとの印象を与えてしまい、大変ご迷惑をおかけしました。申し訳ありませんでした。


なんか話が横にそれてしまいました。

要は、この問題についての学校、家庭、施設、社会の守備範囲をはっきりさせ、
その範囲で最大限努力したらどうだろうかということです。
そのため、国は必要なお金と人員を確保しなければいけないのではないかということです。


このことについて、七星来人さんが2つの記事を書いてみえます。
一見矛盾しているようですが、
先生という立場で最大限努力したい、
でも、現状は努力できる環境になっていない。
何とかしてほしいという現場からの悲痛な声だと思います。
このことは、先に私が言った「出校停止、施設も視野に入れた対応を」と、何ら矛盾はありません。
私はこの七星来人さんの記事に先生という立場に立っている人の良心を感じます。

はじめに書いた3人の子供たちは、立派に更正できたのです。
それは、家族、友人、先生、施設などの暖かい応援があったからだと思います。
今、そのような態勢を確立させていかなければいけないような気がします。


大河内清輝君のお父さんについての記事
毎日新聞
朝日新聞

大河内清輝君の遺書


皆様のお役に立てることを願っています。

「窓あきシート」は特許を申請していますが、皆様のご家庭で使用する範囲では制限しません。商用使用をお考えの場合はご相談下さい。まもなくPDFファイルのCD版をご紹介できそうです。
窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
60進法に興味がある人はこちら→亀井喜久男HP




スポンサーサイト


教育問題 | 11:24:04 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
少年院の再犯率
気になって調べてみたのですが、日本の少年院の再犯率は諸外国に比べて非常に低いです。(1970年代は20%前後:それでも外国よりも低い:だったものが、最近は約10%です)
少年院の方の努力が現れている数字だと思います。
どうしても、このことだけは記しておきたいと思いました。
記事の引用・トラックバックありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。
2006-12-05 火 00:44:45 | URL | 七星 来人 [編集]
七星 来人さん
ありがとうございました。
きちんと調べないで書いてしまい反省しています。早速記事の方にその旨書き加えておきます。これからもよろしくお願いします。
2006-12-05 火 09:56:31 | URL | 新しい窓1113 [編集]
ウンウンうなずきながらみました。
おはようございます。ここに書き込むの初めてだったかな?
今日も同感同感と思いながら拝見しました。
うちの死んじまった妻は学校の先生だったんですが、それはもう、大変でしたよ、この仕事。私には到底務まらないと心底思いました。
まれにですが、学校に怒鳴り込んできて、校長と担任相手に2時間も文句を言う親もいるとの事で、あきれ返って放心状態でした。
学校の先生も何万人かいいらっしゃるのですから、中には妙な教師がいる。それを面白おかしく?取り上げるマスコミの姿勢にも疑問を感じます。それで先生方のイメージが悪くなるんですから、一種の風評被害かと。
ちょっと愚痴っぽいコメントになってしまいましたが、学校の先生はとにかくゆったりと仕事が出来る環境にしてあげた方がよいかと思います。
と言う事で、またお邪魔させていただきますね。
(どうも寝れなくて、早朝からネットしてます。それで、コメントがまとまらない。失礼いたしました。)

2006-12-06 水 06:08:46 | URL | 塾長 [編集]
塾長さん
コメントありがとうございました。
おっしゃるとおりですね。人の心と直接向き合う仕事がどれほど大変なのか分かっていない人が多すぎます。一方で、少数とはいえ不祥事をおこす教員もいるからよけい始末が悪い。それでもやっぱり頑張っている先生方にエールを送らないと子供たちの未来は真っ暗になってしまうと思っています。
夜寝つけないことは、私も妻が死んでからはよくあります。パソコンは仕事場ですから(離れています)、もっぱら本を読んで過ごしています。で、明け方2,3時間寝る。そんなときは朝食準備が大変ですね(笑)
2006-12-06 水 09:16:39 | URL | 新しい窓1113 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。