■おすすめサイト

全国の塾のブログを都道府県別に検索することができます

塾ブログ検索サイト 塾長・塾講師のブログを紹介しています。】

■窓あきシート教材販売サイト

窓あきシート教材購入希望の方はこちらへどうぞ。

桂川教育研究所のウェブショップ
窓あきシートどっとコム

■プロフィール

新しい窓1113

Author:新しい窓1113
特許になった「窓あきシート」を中心とした教材を使いながら小学生を教えています。「窓あきシート」を使っての学習法やその他の勉強法、教育問題、父子家庭の子育てを中心に書いています。

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FC2カウンター

■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「DSソフトますます百ます計算」について1
HPに「窓あきシートの紹介」と「窓あきシート教材」追加しました。
あと、写真を取り直します。あれじゃ素人以下ですね(^-^;

今日は私の教室の算数学習法について書こうと思っていましたが、
7日に発売されたDSソフト「ますます百ます計算」について書きます。

私は計算練習は大切だと思っています。
中学生を教えていたとき、あまりにも計算ができない子、遅い子がいたからです。

そのため取り入れたのが「計算九九」です。
要は、100問の計算問題をランダムに並べたものですが、
たし算・ひき算・かけ算・わり算・正負計算・文字式の6種類のプリントを作りました。
(四則計算プリントは(株)学書さんに採用され、「くりかえし計算トレーニング100」という名前で塾向けに発売されています。)
これは、結構役に立ちました。

子ども達の計算力の問題点が明らかになってきたのです。
 ・ひき算・わり算が特に遅い
 ・九九(かけ算)の1カ所だけ間違えて覚えていた(間違いの固定化)
 ・正負計算・文字式の規則を1つ間違えて覚えていた(間違いの固定化)


問題点がはっきりすれば、対応は簡単です。
その子にあわせた弱点対策プリントを何日か繰り返せば、だいたいできるようになります。
実際、この子達の数学の成績は上がっていきました。

でも、なかなかこの問題点は見えてこないのですね。
そもそも問題点を明らかにするような教材がないのですから。
中学の数学は、その単元が終わればパターン学習(例えば異符号の加法だけの問題)はやりません。
正負計算でも、文字式でも、それ以後の復習は混合問題になります。
ましてや小学校範囲の計算のチェックなどしません。
これでは、子ども達がどこでつまずいているのか分からないまま進んでしまうことになり、
いつまでも数学が苦手のままになります。

さて、子ども達の計算上の問題点を見つけるという意味で、
「計算九九」のようなパターン学習は必要だと思っています。

私の場合は、算数・数学授業の最初の3分間はこの計算九九でした。
(答え合わせは面倒だったんですが、窓あきシートの計算九九に変えたことによって問題は解決しました。)
休み時間と授業の意識の切り替えがスムーズにいき、導入としても役に立ちました。
はじめの頃は、速さを競わせたのですが、字が汚くなることや、
3分(中学生は2分前後かな)以内にできれば、計算に問題がないことが分かったので、
今はあまり言っていません(子ども達はけっこう気にしますが・・)

ですから、「百ます計算」がブームになったとき、
私の「計算九九」とは形が違うけど、やっと「基本計算」の重要性が認められてきたんだなと思っていました。

続く


皆様のお役に立てることを願っています。

「窓あきシート」は特許を申請していますが、皆様のご家庭で使用する範囲では制限しません。商用使用をお考えの場合はご相談下さい。まもなくPDFファイルのCD版をご紹介できそうです。
窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
60進法に興味がある人はこちら→亀井喜久男HP
スポンサーサイト


その他の学習指導 | 11:21:54 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
「基本計算」、私も重要だと思います。
私は先生でもなくむしろ誰かに何かを教えた事もない、
まったくの素人の身でありながら
こんな偉そうな事を言えた立場でもないのですが…。

どの先生も口をすっぱくして言い続けていた
「勉強とは階段で、1つでも階段をつくりのがすと、上には進めなくなる」
今頃実感するんですよね、本当に。
基本の積み重ねなんですよね。

そしてその基本を何度も何度も繰り返す事によって、
きっとその本人に「間違う確率が低くなってきている」という付加価値的な、
かつ絶対必要な自信が身についてくるのではないか?と思うのですが…。

周りの人からはアジア人は頭がいいと思われているので、
数学が大の苦手の私は身の置き場がないほどです。
2006-12-12 火 00:16:58 | URL | Eva [編集]
Evaさん
おはようございます。

>「勉強とは階段で、1つでも階段をつくりのがすと、上には進めなくなる」

うまいこと言うな~。ほんとにそう思いますよ。ただ、「百ます計算」が加熱して、スピードこそ大切という風潮が流れると、それの反動として「アンチ百ます計算」がでてきます。それはそれでいいんですが、その流れの中で「基本計算」の重要性がどこかに行っちゃっている印象が強いんです。よ~く見ると、どちらの人たちも「基本計算」は大事だという前提で話しているんですがね~。周りの人たちが分からなくなっていますので、ちょっと書いてみようかなと思ったのです。
2006-12-12 火 09:08:45 | URL | 新しい窓1113 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。