■おすすめサイト

全国の塾のブログを都道府県別に検索することができます

塾ブログ検索サイト 塾長・塾講師のブログを紹介しています。】

■窓あきシート教材販売サイト

窓あきシート教材購入希望の方はこちらへどうぞ。

桂川教育研究所のウェブショップ
窓あきシートどっとコム

■プロフィール

新しい窓1113

Author:新しい窓1113
特許になった「窓あきシート」を中心とした教材を使いながら小学生を教えています。「窓あきシート」を使っての学習法やその他の勉強法、教育問題、父子家庭の子育てを中心に書いています。

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FC2カウンター

■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「DSソフトますます百ます計算」について2
HPに掲示板を設置しました。窓あきシートについて気楽に書き込んでくださいね。
ご質問でも、ご意見でも、何でもかまいません。
こちらです→「窓あきシートの掲示板」(HOMEはHPにいきますから注意してください)

6年生の男の子、漢字会100点(36人中15人が合格、満点2人)でした。
先取り学習で一応全ての漢字学習がすんでいます。



さて、昨日の続きですが・・

すでに指摘があるように「百ます計算」の形式にはいろいろ欠点がありますね。

計算する数字が離れていて、計算する数字の交点に答えを書くので間違えやすい。  
とくに「空間認知の苦手な子ども」にとっては分かりにくいものです。
同じ数での計算が続くので、本当の意味でランダムではない。
(1+2 5+2 9+2 3+2・・・)
このような構造的な問題を指摘することが少ないような気がします。

その他にも、答え合わせの問題や字が汚くなる等も指摘されていますね。
速さでではいけないとか。

ただ、形式の違いは、学校という現場だからやむを得ないだろうなと思っていました。

なぜなら、「計算九九」のプリントは作成にすごい時間がかかるのです。
当時、100問の計算をランダムに配列して原稿を作るのは大変でした。
(今でこそ、問題作成ソフトが出回っていて簡単に作れるようですが、当時はありませんでした。)
しかも、何パターンも作成しなきゃなりませんよね。
「計算九九プリント」を作っていて、いやになりました。

それに比べ、
百ます計算は11×11のますを作り、数字を入れるだけ・・
か~んたんにできます。

だから、忙しい学校の先生には、やむをえない形式なんですね。
私はそう思いました。
本当は、きちんと式になっている計算プリントを作りたいのだけど、
やむを得ず「百ます」をやっているんだと。
(でも、わり算は「計算九九」と同じ形式なんですけど・・できるのでは?)

ただ、気になるのは、
百ます計算は、出題者にとって都合のいい教材なんですね。

子どもにとって、都合がいいところはありますか?

要は、100問の計算をして時間を計るだけのことですよね。
むしろ、計算記号がついたふつうの式のプリントの方が、慣れ親しんでいる分楽じゃないですか?

だから、市販する場合は、「百ます計算」の形式では絶対にいけないと思うのです。
プリント教材は、従来の計算式100問を並べた方がずっといい。
わざわざ、百ますにする必要はないと思っています。
パソコンソフトも同じです。
「百ます計算」の形式をとってはいけないと思っています。

もうすぐ子ども達が来ます。
今日はここまでにします。


皆様のお役に立てることを願っています。

「窓あきシート」は特許を申請していますが、皆様のご家庭で使用する範囲では制限しません。商用使用をお考えの場合はご相談下さい。まもなくPDFファイルのCD版をご紹介できそうです。
窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
60進法に興味がある人はこちら→亀井喜久男HP

スポンサーサイト


その他の学習指導 | 15:38:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。