■おすすめサイト

全国の塾のブログを都道府県別に検索することができます

塾ブログ検索サイト 塾長・塾講師のブログを紹介しています。】

■窓あきシート教材販売サイト

窓あきシート教材購入希望の方はこちらへどうぞ。

桂川教育研究所のウェブショップ
窓あきシートどっとコム

■プロフィール

新しい窓1113

Author:新しい窓1113
特許になった「窓あきシート」を中心とした教材を使いながら小学生を教えています。「窓あきシート」を使っての学習法やその他の勉強法、教育問題、父子家庭の子育てを中心に書いています。

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FC2カウンター

■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「DSソフトますます百ます計算」について5
HPに「塾用「ラミネート教材」のページを追加しました。
冬期講習で、今まで習った漢字の総復習にいかがですか?届いたその日から使えます。


さて、続きですが・・これまでの流れを少し書きます。

1 私は基本計算が大事だと思い、計算九九プリントをやっています。

2 百ます計算も基本計算だけど、構造的に欠陥がある。
  だから、市販商品は「百ます計算」の形式で出してはいけない

3 DS「ますます百ます計算」はあくまでも「百ます」の形式にこだわっている。
  他にも学校で指導する方法が使えず、暗記計算に頼っている。

4 このような欠点があるDSソフトが学校の授業に導入されようとしている。

このように進んできました。

漢字学習についても同じような動きがあります。
サイトについて、前回はあえて書かなかったのですが、本にも書かれていますからもう書いてもいいですね。
蔭山先生の「電脳蔭山メソッド」のサイトです。

ここで、タブレットPCを使った漢字学習の取り組みが紹介されました。

やっていることは、「一日5分100マス計算と15分漢字の練習のモジュール授業」です。

2005年度より実証実験を開始した「漢字」ソフトでは、富士通研究所の技術により、紙の教材では困難であった書き順のチェックをふくめ、瞬時に子どもたちの筆跡を判定し、採点を行うなど、PCならではの機能の搭載により圧倒的な学習の量と学習の質を確保。タブレット(ペン入力装置)の活用により子どもたちの前頭前野が活発化される状態を生み出し、学習モチベーションも飛躍的に向上。漢字検定合格率97%という驚異的な成果を達成する原動力となりました。
富士通研究所の岩山尚美研究員は、東京農工大学の中川正樹教授との対談のなかで「新出漢字200字の指導時間は手書きと比べて半減、漢字の書き取りの平均正答率は57%から92%に上がった」と発表。タブレットPCの学習効果を強調しました。

ほんとにいいものであれば、私も反対はしません。
ここに書かれている成果も真実だと思います。
今までの漢字ドリルとプリントを使った漢字学習より、学習効果はあがると思います。

それでも私が気になるのは、ノートに書くこだわりです。
子ども達は、何度もノートに書いて覚えてきました。

うまく書けたとき、全部あっていたとき、誉めてあげます。
間違えたとき、どこが違うかきちんと説明してあげます。
形がおかしいとき、こうすればもっと良くなるよって言います。

ここには先生と子どもとの間に心の交流があります。
そんなふうに、人との関わりの中で知識を得ていきます。
それを捨ててまでDSソフトの導入ですか?
ノートを使う指導はまだまだ改良の余地があるのではないですか?


ノスタルジーかな・・・?

もうひとつ気になることもあります。
たしかに、写真を見る限り、タブレットの入力画面はノート大の大きさです。
ペンも鉛筆と同じようなものです。

タブレットに書く感触と、ノートに書く感触の違いです。
字を書くとき、筆圧(しっかりとした線を書く力・書字の疲労に関係)についてよく言われます。
「うまくなるためには、固い筆記具よりも筆圧の強弱が出せる柔らかめのものて練習した方が良い」という幼児教育専門の方もみえます。

これは、ノートに何回も書くことによって身に付いていくものです。
漢字練習がタブレット中心になると、このあたりはどうなるのでしょうね。
いざノートに書く段になったとき、きれいに書けるでしょうか。
心配になります。

参考資料「シャープペンシル禁止です

成功事例です「読字・書字障害児へのタブレットPC利用と指導改善
(6ページ以降を見てください)

蔭山先生の言葉
「電脳陰山メソッド」とは、その願いの根本は、すべての子どもに等しく生きる力の源泉となる学力をあたえること。そして夜間の無理な塾通い、非効率的な学習による夜更かしからの解放による、子どもたちの元気を回復することです。

私は将来的には、学習用コンピュ-タ-を作り、入学時に日本の子どもたち全員に持たせるべきと考えています。(中略)私たちの経験をソフト化することで対応してくれると期待しています。」

PCソフトを使っていいところはどんどん使っていけばいいと思います。
理科社会や図形などの映像や語学のリスニングなどは大きな効果があると思います。

しかし、学校の教え方も「百ます計算」に統一されてしまうのですか?

(他にも費用負担等の問題が山積みですが、今回は触れません)


皆様のお役に立てることを願っています。

「窓あきシート」は特許を申請していますが、皆様のご家庭で使用する範囲では制限しません。商用使用をお考えの場合はご相談下さい。まもなくPDFファイルのCD版をご紹介できそうです。
窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
60進法に興味がある人はこちら→亀井喜久男HP
スポンサーサイト


その他の学習指導 | 11:21:01 | トラックバック(0) | コメント(6)
コメント
今あるものを、どうにか生かせないか?
そういった模索は大事だと思いますが、
記事を読んでいて、
「これは、どうかな~」と・・・

紙に書く。

非常に無駄で、
非効率的ですが、いかに身に付くものであろうか。
非効率的なものを経てこそ、
考える力がつくはずなのに。

筆圧、
線の強弱、バランス、紙に書いてこそです。
そして、自分のノートを見て、
自分で成長を確認できるのですよね。
そして、仰るとおり、
先生との接点、人との接点が生まれる。


意味合いが違うかもしれませんが、
私は、溶接士としてモノを作っています。
出来るだけ、ノートに書き込んでいます。
失敗、チャレンジした事、データ・・・
決して綺麗な字ではありません、走り書きですから。
ノートも6冊以上になりますが、
迷った時、
一番信じられるのは、「自分で書いたもの」です。
自分で書いた字、
記憶すら呼び覚まします^^;
2006-12-17 日 22:39:24 | URL | マー [編集]
マーさん
おはようございます。
そうですね、紙に書いたものは忘れにくいです。
こうやってキーボードを打って綴った(?)ものは
記憶に残りにくいですね。

それにしても、
このことを問題にする人がほとんどいないことが気になります。
蔭山学級掲示板では盛り上がっていたのですが・・



2006-12-18 月 08:31:30 | URL | 新しい窓1113 [編集]
かなり問題あり!
お久しぶりです。

このこと、かなりの問題を含んでいますよね。陰山掲示板での
盛り上がり方も何かポイントが違うんじゃないでしょうか?

こんなものを学校教育にも導入したら(本気かな?)

教師の雑務からの解法とか補助とかではなく・・・
算数や漢字教育の補助ではなく・・・

何を考えているんでしょう?
2006-12-18 月 20:05:56 | URL | Mr. Hot [編集]
Mr. Hotさん
ウロコ先生、おはようございます。
先生にこうしたコメントをいただけてうれしく思います。
(意外と反応が少ないので、視点をはずしたのかなと思っていました-笑)

仰るとおりだと思います。
蔭山掲示板もはっきり言って大事な視点を抜かしていると思います。
確かに、「百ます計算」も一定の条件の下では効果が出ていると思います。
子どもが救われたと思っている保護者の方も存在しているでしょう。
でも、「百ます計算」が究極の計算練習ではないんですね。
ただ、「300万人に受け入れられた」から素晴らしい学習法だと錯覚している。

>こんなものを学校教育にも導入したら(本気かな?)
総務省の会議というのが気になるんですね。
こんなもんが学校に導入されたら、先生も子どもも大混乱になると思いますよ。

ただ、この問題は私の指摘したことだけじゃないと思うのですね。
もっと多くの小学校の先生や塾の先生が
それぞれの視点で取り上げてもらいたいなと思うのです。
小学校低学年の学習指導ってどうあるべきかって。
そうすれば、いろんな意味で新しい可能性がでてくると思います。
ウロコ先生、これからもよろしくお願いします。
2006-12-19 火 09:15:24 | URL | 新しい窓1113 [編集]
所詮ゲーム端末ですよね。鉛筆で書く時の様に払いや留めがきちんと出来るわけではないですし、ノートのように残らないですし。
蔭山調子に乗りすぎとおもうのは私だけでなかったようなので、ホッとしました。
2006-12-26 火 12:18:14 | URL | C [編集]
Cさん
コメントありがとうございます。
紙に書くことがなくなったら、教育ってうまくいかないような気がするんですね。
機械が○×をつけるだけでは、どうしたらきれいな字になるのか分からない。
それでいいのかなー、違うんじゃないのかなーと思うところです。
でも、世の中の人はあまり気にしていないようなので・・そちらも心配です。

2006-12-27 水 10:33:32 | URL | 新しい窓1113 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。