■おすすめサイト

全国の塾のブログを都道府県別に検索することができます

塾ブログ検索サイト 塾長・塾講師のブログを紹介しています。】

■窓あきシート教材販売サイト

窓あきシート教材購入希望の方はこちらへどうぞ。

桂川教育研究所のウェブショップ
窓あきシートどっとコム

■プロフィール

新しい窓1113

Author:新しい窓1113
特許になった「窓あきシート」を中心とした教材を使いながら小学生を教えています。「窓あきシート」を使っての学習法やその他の勉強法、教育問題、父子家庭の子育てを中心に書いています。

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FC2カウンター

■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
文科省官僚の現場研修
今日の朝刊(中日新聞)によると
内外の批判を浴びて
文科省のキャリア官僚が学校現場で1年間教壇に立つという研修
2007年度から始まるという。

今までの研修は、2~4週間の「教育委員会」での研修で、
授業を持つのは初めてということだ。
読売新聞の記事はこちら

これには驚いた。
今まで現場の実情も知らないで
教育行政を行ってきたわけですね。
うまくいくわけがないでしょう。


文科省の中にも正しい見方を持っている人がいるんだということですね。
まあ当然と言えば当然ですね。
どんな組織にも正しい方向に進めようと努力する人もいれば、
手抜きをして、ただ時間だけが過ぎていけばいいと思っている人がいる。
十把一からげにして批判してはいけないのですね。
この研修の成果が、教育行政に反映されることを願っています。

願わくは、ほんとに厳しい現場で研修して欲しい。
荒れた学校で研修を積んでくれたら最高なんですが、
そこまでやってみますか?
イギリスの貴族みたいに最前線で闘う姿勢を見せて欲しいですね。
ヘンリー王子はイラクに行くそうですね。
(もちろん厳重な防御の下でだと思いますが)

それにしても、教員の場合は
現実を知らない人が勝手に批判することが多すぎますね。
たしかに、批判されてもしかたない教員もいることでしょう。
でも、そんな教員ばかりではないですよ。

こんなにも多く、心まで病んでしまう職場はどこにありますか?
手抜きをする教員は心まで病まないでしょう。
真面目に教育を考えているから病んでいくと
担当する精神科の医師も言っています。

少なくとも私が知っている学習塾の現場ではこんなことはありませんでした。
もちろん、個人経営の学習塾や中小塾の経営者は皆さんすごく頑張ってみえる。
教材研究をし、
授業の工夫もし、
朝早くから夜遅くまで指導することもある。
でも指導のことで心を病む教員や
上司と保護者の板挟みになって心を病んでいく教員を見たことがありません。


子ども達の将来のために
頑張っている教員を応援しませんか?
学校現場の実情に耳を傾け、
応援できるところは応援していきませんか?
教員は恵まれているなんて思いこまないで、真実を見ていきませんか?
少なくとも足を引っ張ることはやめませんか?

頑張っている先生の足を引っ張って誰が得をするか考えてみませんか。
私には、
ますます親の理不尽な要求がエスカレートし、
行政による圧力が強くなるようにしか思えません。



給食費の不払いや理不尽な要求をする親がいない
いじめがない
格差のない
正義とモラルが守られ、
子ども達が将来を夢みることができる
そんな世の中にすることの方が大切なような気がします。


文科省の若手キャリアにはそんなことを期待しています。


私は、私の教材を通して
子ども達の漢字嫌いをなくしていきたい
そして、地球の温暖化防止に少しでも貢献したいと思っています。


子ども達が自信を持つことが変化の始まりだと思っています。
それぞれの立場でいいですから、
足の引っ張り合いをやめて
子ども達の未来を考えていきましょうよ。


皆様のお役に立てることを願っています。

「窓あきシート」は特許を申請していますが、皆様のご家庭で使用する範囲では制限しません。商用使用をお考えの場合はご相談下さい。まもなくPDFファイルのCD版をご紹介できそうです。
窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
60進法に興味がある人はこちら→亀井喜久男HP


スポンサーサイト


教育問題 | 15:36:57 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
ありがとうございます。
すごく救われる記事でした。
でも、行政側の人が中に入って
現状を知ろうとしてくださってるのですね。

本当に国民のために教育行政がどうあるべきか…
そのことを考えてくださる第一歩になることを
祈ってやみません…


2007-02-20 火 18:04:01 | URL | namiママ [編集]
namiママさん
コメントありがとうございます。
マスコミをはじめとする教員バッシングは気になっていました。
現場を知らない人間が勝手に言っている現状があるわけですが、
ここで文科省自らが「現場を体験する」ことの重要性を認めたわけですから、
この情報はきちんと伝えなければと思いました。

一番大切なことは子供を巡る現状について
それぞれ広い目で見て何をしたらよいか考え、行動することだと思います。
他人の足を引っ張ることなんかやっていられません。

なんて偉そうにいっていますが、
私なりに頑張りたいと思っています。
これからもよろしくお願いします。
2007-02-21 水 14:01:22 | URL | 新しい窓1113 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。