■おすすめサイト

全国の塾のブログを都道府県別に検索することができます

塾ブログ検索サイト 塾長・塾講師のブログを紹介しています。】

■窓あきシート教材販売サイト

窓あきシート教材購入希望の方はこちらへどうぞ。

桂川教育研究所のウェブショップ
窓あきシートどっとコム

■プロフィール

新しい窓1113

Author:新しい窓1113
特許になった「窓あきシート」を中心とした教材を使いながら小学生を教えています。「窓あきシート」を使っての学習法やその他の勉強法、教育問題、父子家庭の子育てを中心に書いています。

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FC2カウンター

■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
センター試験結果、一抹の不安
長男が受験ということで、大学受験についていろいろ考えますね。
前にも予備校のデータについての疑問を書いてしまいました。
今考えているのは、マークミスのこと。
つまらないことですが、気にしている人もいるかもしれない。

センター試験だけで合格が決まる国公立大学は
前期24件、後期226件あります。
各予備校が出しているデータで
自分がどの位置にいるか分かっています。
合格圏内に位置する受験生は
けっこう安心しているでしょうね。

でも、あくまでも自己採点なんですよね、これは。
もしマークミスをしていたら・・

昨年度、受験番号でマークミスした受験生は7000人!
これに関しては全員救済されているそうですね。
受験科目や設問でのマークミスに関しては
救済されないそうです。
(選択科目欄のミスは2006年度54件)
非常に少ないのですが、0ではないんですね。
そんなこと心配しても仕方がないと言っても
当の受験生の心理としては、これが不安になる。
万が一ミスしていたら、予備校のデータなぞ単なる紙くずになってしまいます。

このあたり、みなさんどう対処しているんでしょうかね。

センター利用私立大を受験してみるとある程度分かりますかね。
自分の得点で合格できるところに出願してみる。
合格ならミスがないことが推定できますよね。
これで多少は安心できるでしょう。
(今年はもう遅いのですが・・これって常識ですか?)

息子は、2次対策のために一般入試で受験したのですが、
1つくらいセンター利用で受験してもよかったかなと思っています。

でも、あらかじめセンター試験の結果が分かるのが一番いいですね。
ミスがあることが分かれば受験校を考え直すことができますよね。
全く無理なところに向かって無駄な努力をする必要がないのに・・
なんか変な気がします。


私立大学の入学金もおかしいですね。
だいたいが国公立大学の合格発表前に振り込まなければならず、
入学しなくても戻ってこない。
その他の学費については、昨年の裁判の結果によって
国公立大の合格発表後に納めればいいようになったのですが、
入学金については現状のままです。

今から30年ほど前の高校受験においても同じ問題がありましたね。
やはり公立高校の合格発表前に、私立高校の学費を納めなければなりませんでした。
社会的な批判を浴びて、
その後は公立発表後に納めればいいということになったのですが、
大学の入学金も同じように考えなければいけないような気がします。
30万・・大きいな~。

さきほどのセンター試験だけで合格が決まる大学の
データ上、合格圏にいる受験生でも、
万が一ということで
滑り止めの私立大学の入学金は振り込んでいるでしょうね。

でも、あらかじめセンター試験の結果が分かっていれば
確かに絶対合格ではないんだけど、
それぞれの自己責任でいろんな判断ができるでしょうね。


皆様のお役に立てることを願っています。

「窓あきシート」は特許を申請していますが、皆様のご家庭で使用する範囲では制限しません。商用使用をお考えの場合はご相談下さい。まもなくPDFファイルのCD版をご紹介できそうです。
窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
60進法に興味がある人はこちら→亀井喜久男HP
スポンサーサイト


未分類 | 15:53:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。