■おすすめサイト

全国の塾のブログを都道府県別に検索することができます

塾ブログ検索サイト 塾長・塾講師のブログを紹介しています。】

■窓あきシート教材販売サイト

窓あきシート教材購入希望の方はこちらへどうぞ。

桂川教育研究所のウェブショップ
窓あきシートどっとコム

■プロフィール

新しい窓1113

Author:新しい窓1113
特許になった「窓あきシート」を中心とした教材を使いながら小学生を教えています。「窓あきシート」を使っての学習法やその他の勉強法、教育問題、父子家庭の子育てを中心に書いています。

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FC2カウンター

■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
やらなくていいことかな?(その2)
以前からすごく気になっていることがあります。
たまにブログで見かけるのですが
宿題をお母さんがやってしまうことです。

「こんな宿題やっても意味がない」という判断をされて、
親が子供の字をまねてやっているようですね。

私立中学に進学する子によっては、かなり遅くまで塾で勉強するから
「学校の宿題をする時間がない」という判断がはたらく場合もあるかもしれませんね。
(でも、以前私が教えた中学受験講座の子はみんな自分でやっていましたが)

確かにやる意味がないのじゃない?という宿題を出される先生もいます。
ネットでいろいろ調べているうちに
そのような知識が段々蓄積されてきて
特に下の子の時はかなり意識するようになりました。
(それがあったので「窓あきシート」が生まれたのですが)
でも、だからといって
私が代わりにやろうとは思いませんでした。

やんわりと、「こんなやり方をしたらどうかな?」と聞くと

先生がこうやりなさいって言ったもん」とか
みんなもやっているから自分だけ違うやり方は嫌だ」と言い張ります。

集団生活の中ではこういう気持ちって大事だと思うんですね。
ですから、あまり強く「やらなくていいよ」って主張できません。

子供が持っている先生に対する尊敬の気持ちもなくしかねませんね。
この気持ちがなくなってしまったら、
もう先生のいうことは聞かなくなってしまいます。
そうなれば、学級崩壊に進む可能性もある。
こうなると宿題だけの問題じゃなくなってしまいます。(飛躍しすぎか?)

考えてみれば、上の二人も、同じような宿題をやっていたのですね。
(その時は「やる意味のない宿題」だなんて感じなかったのですが)
でも、いわゆる「意味のない宿題」をやってからといって
悪い影響なんて出ていないと思うのですが・・。

そんなこんなで、
他の影響を考えると、多少問題がある宿題でも「まあ、いいか」と思ってしまうわけです。
場合によっては、先生に直接言うこともありかなと思いますが、
(私のところではそこまで酷い宿題はありません)
子供の字をまねてまで親が宿題をするという行為はどうかと思います。


これは意味のないことだから、あなたはやらなくていいよ」
こんなふうに言われて育った子はどうなるのでしょうね。
まだ未熟な子ですから、「意味がある。意味がない」の判断基準は定まっていないわけです。
自分にとって嫌なこと、面倒なことを、
簡単に「意味がない」と言ってやらないようになってしまわないでしょうか?
なんか先行きが心配です。


だって世の中って理不尽なことばかりですよね。
仕事に就けば、やりたくないことだってしなければいけないことはいっぱいあります。
そんなとき、まさか「意味がないからやりません」と言わないですよね。


最近「みんなでやるべきことをさぼる自己中の子が増えた」という話を聞いて、
意味のない宿題を親がやるという現象と結びつけて考えてしまいました。
もちろんそんな子ばかりじゃないとは思いますが、気になっているところです。

メルマガ「旬教育」の7月21日号でも同じテーマの記事がありました。
結論は
「本人にとってつまらない簡単な宿題(愚者)からも、何かしら学ぶ事が出来た時、
親も子も、人間として成長していくのかもしれません。」

となっていました。
私もそう思います。

皆さんはいかがですか?


皆様のお役に立てることを願っています。

「窓あきシート」は特許を申請していますが、皆様のご家庭で使用する範囲では制限しません。商用使用をお考えの場合はご相談下さい。まもなくPDFファイルのCD版をご紹介できそうです。
窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
60進法に興味がある人はこちら→亀井喜久男HP
スポンサーサイト


子育て | 21:03:36 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
宿題を「意味のないもの」として捉えたことは今まで一度もありませんでした!!
そういう考え方をされるご両親もいらっしゃるのですね!!

私も小学校のときのある絵画の宿題で、友達が母親に書いてもらった絵で私の町の中で最優秀賞を取っていたので、皆からはブーイングの嵐だった、と言うことがありました。今では遠い昔のように感じますが^^;

また、小学校のときにある塾に夏の無料お試し期間の間だけ通っていたことがあり、ある日、私は学校の宿題がなかなか終わらなくて行くのが遅くなってしまったんです。するとその塾から自宅に電話が入り、母が「学校の宿題をさせているので遅くなる」と答えると「そんなことより、塾を優先させるのが普通でしょ!」と当たり前かのように言われたそうです。それ以来私はその塾に通うのは母に止められました。

私の個人的な意見ですが、やって無駄なことはないと思うんです。
(正直申し上げますと、そうでも考えないと、やってられない!!と言うのもありますが^^)

何か学び取れるものは、日常のそこらへんに転がっている。それをどう利用するか。それらに気づくことが出来るか。だと私は思っています。
2007-03-24 土 19:04:22 | URL | Eva [編集]
何をもって「意味がないこと」と位置づけるか・・・
少なくとも、
代筆、替え玉こそ、意味の無いことだと思います。

我が家では安易な
「意味無い」「意味ねぇ~」はご法度な、発言です。
何かしら、意味と言うか、
違う側面で活きることがあると思うのです。

わが子は低学年ですが、
手を動かし、頭を使うことこそ、意味があると思います。
例え、
さっき終わらせた宿題でも、もう一回やるのだって意味があると思います。

そりゃまぁ、物事には優先順位はあると思うけど、
除外はどうかと思いますね。
優先順位が低いものは、カット・・・
それを親が、提示するのは、将来に響くと思います。

社会に出れば、
理不尽な事は沢山あります。
それこそ、「意味無いじゃん」と思うことは多いですよね。
極端な話、
最初から逃げるか、やって逃げるか・・・

三つ子の魂・・・
これこそ親によるものですよね。
2007-03-24 土 23:28:17 | URL | マー [編集]
Eva さん
コメントありがとうございます。
そういえば私も夏休みの宿題を手伝ったもらったことがありました~。
ほとんどは自分でやったのですが、
それでも子供心に後ろめたさを感じていたような気がします。

お母さんの態度、素晴らしいと思います。
しっかりした考えを持ってみえますね。

>私の個人的な意見ですが、やって無駄なことはないと思うんです。
>(正直申し上げますと、そうでも考えないと、やってられない!!と言うのもありますが^^)

>何か学び取れるものは、日常のそこらへんに転がっている。それをどう利用するか。それらに気づくことが出来るか。だと私は思っています。

ありがとうございます。
「反面教師」は自分が体験して分かることですね。
親の判断で無駄のことを避けてきた子供は
なぜ無駄なことなのか理解できないということもありますね。
よほど理不尽でない限り敢えて挑戦したいですね。
2007-03-25 日 11:01:45 | URL | 新しい窓1113 [編集]
マーさん
コメントありがとうございます。

>代筆、替え玉こそ、意味の無いことだと思います。

青臭い正義感だと言われるかもしれないですが、これだけは嫌なんですよ。
実際先生に「この宿題はやめてください」と申し出る方もいるようです。
そちらの方がずっとさっぱりするような気がします。

それでも、マーさんが言われるこの部分
>そりゃまぁ、物事には優先順位はあると思うけど、
>除外はどうかと思いますね。
>優先順位が低いものは、カット・・・
>それを親が、提示するのは、将来に響くと思います。

その通りだと思います。
まだまだ未熟な子供が正しく判断できないまま大きくなってしまう気がします。
子供が何か言う前に親が口出ししない方がいいかもしれませんね。

2007-03-25 日 11:15:52 | URL | 新しい窓1113 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。