■おすすめサイト

全国の塾のブログを都道府県別に検索することができます

塾ブログ検索サイト 塾長・塾講師のブログを紹介しています。】

■窓あきシート教材販売サイト

窓あきシート教材購入希望の方はこちらへどうぞ。

桂川教育研究所のウェブショップ
窓あきシートどっとコム

■プロフィール

新しい窓1113

Author:新しい窓1113
特許になった「窓あきシート」を中心とした教材を使いながら小学生を教えています。「窓あきシート」を使っての学習法やその他の勉強法、教育問題、父子家庭の子育てを中心に書いています。

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FC2カウンター

■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
市販教材100倍以上活用法
今日は「家庭で作る窓あきシート2」として
「おおきな文字のひらがな・かたかなシート」
をアップしようと思ったのですが、
書いている途中にあることに気づいたので、
そちらを書くことにしました。
大したことじゃないかもしれませんが、その時はご勘弁を。


幼児の教材の多くは、直接書き込むものが多いと思います。
書き込んでしまったらどうされます?
 ・もう1冊買う
 ・あらかじめコピーしておく

どちらもお金がかかります。
幼児の教材は、ある程度くり返し練習した方がいい物があります。
 ・ひらがな練習の前段階の様々な線を描く教材(迷路を含む)
 ・大きなひらがな・かたかな教材
 ・図形を描く教材
など、書き込んでしまうともったいないなーと思うものばかりです。

こんな工夫をしたらどうでしょうか。 

 書類をはさむ透明なフォルダーがありますね。
 これにばらした教材を差し込む。
 フォルダーの上から、ホワイトボード用ペンで書く。
 終わったら、ティシュで拭けば消えてしまいます。
 何回でも使えますよね。


 うーん、成果が見えないという批判があるかもしれませんね。
 そんな時は、問題に「できたよシール」を貼ってみたらどうでしょう。

鉛筆が使えない段階の幼児教育では有効な方法だと思いますが。
どうでしょう。


でも、こんな工夫はすでに世の中に広まってかもしれないな・・・
出版社は絶対に困る方法だろうな。

でも、もし知らない人がいたら、ぜひこの方法を教えてあげてください。
喜ばれると思います。



窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、
ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
ありがとうございました。
スポンサーサイト


家庭で作る窓あきシート | 15:41:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。