■おすすめサイト

全国の塾のブログを都道府県別に検索することができます

塾ブログ検索サイト 塾長・塾講師のブログを紹介しています。】

■窓あきシート教材販売サイト

窓あきシート教材購入希望の方はこちらへどうぞ。

桂川教育研究所のウェブショップ
窓あきシートどっとコム

■プロフィール

新しい窓1113

Author:新しい窓1113
特許になった「窓あきシート」を中心とした教材を使いながら小学生を教えています。「窓あきシート」を使っての学習法やその他の勉強法、教育問題、父子家庭の子育てを中心に書いています。

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FC2カウンター

■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
子供会で米作り体験
今日は朝から田植えの準備。
多くの農家が苗を買うのですが、私の家では籾蒔きからやります。
ケースに土を入れ、平らにならします。
種籾を蒔いて、種籾が均等に広がるように水をかけます(けっこう難しい)。
さらに種籾が隠れるように土をかけます。
そのケースを自家製の育苗棚にセットして、
全体をむしろとビニールシートで覆います。
夜は冷えないように育苗棚の中で電球を(!)つけて暖めます。
ここまでが午前の作業。
午後からはトラクターで田んぼおこし。
3時間ほどで作業終了。
1週間ほどで発芽します。

88(八十八)の手間をかけるから「米」と言いますが
昔と比べてずいぶん楽になりました。
(私は小学校の低学年から米作りを手伝ってきました。)
でも、けっこう面倒な作業でした。
今年は長男がはじめて米作りの作業に参加してくれました(~-~)。

田植えと言えば、
小学校でも田植えの体験をしますね。
バケツで稲を育てます。
大切な体験ですね。

ところが、今年は子供会でも「米作り体験」を実施することになりました。
これはすごいことだと思います。
地域の土地改良区と子供会が協力して
実際の田んぼを借りて(若い人が少なくなり休耕田が多くなっています)
田植えから稲刈りまで子ども達に体験させるそうです。
秋には刈り取ったお米で餅つき大会!

なんて素晴らしい発想でしょう。
恥ずかしいことに、私が子供会の会長をやっていたときは思いもよらないことでした。
今年の会長さん、最高です。
また土地改良区の役員様、
ありがとうございます(と言っても、このブログ知らないからな~)
お手伝いさせていただきます。

子供会の役員さん、
こんな活動もできるんですね。
子ども達のためにいろいろ挑戦してみましょう。
私も皆さんのお手伝いをさせていただきます。
興味がありましたら、遠慮なくお尋ねください。


皆様のお役に立てることを願っています。

「窓あきシート」は特許を申請していますが、皆様のご家庭で使用する範囲では制限しません。商用使用をお考えの場合はご相談下さい。まもなくPDFファイルのCD版をご紹介できそうです。
窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
60進法に興味がある人はこちら→亀井喜久男HP
スポンサーサイト


子育て | 18:26:28 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
こういった取組は、いいですよね。
うちの子も、保育園、自宅の家庭菜園?、
そして小学校での畑。
ちゃんと心に植えつけています。

「食べ物を粗末に・・・」
いくら口で言っても判りませんしね^^;
2007-05-13 日 22:00:40 | URL | マー [編集]
マーさん
ホントですよ。
田んぼに足を入れる感触、泥遊びを思い出すかな?
ザクッとした稲刈りの感触、これは体験していないだろうな。
子供会の会長さんに頭が下がります。
「食べ物を粗末にしないで」というのがなかなか分かってもらえないのは
いずこも同じですね。
飽食の日本はどうなってしまうのでしょうか、心配です。
2007-05-14 月 13:01:57 | URL | 新しい窓1113 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。