■おすすめサイト

全国の塾のブログを都道府県別に検索することができます

塾ブログ検索サイト 塾長・塾講師のブログを紹介しています。】

■窓あきシート教材販売サイト

窓あきシート教材購入希望の方はこちらへどうぞ。

桂川教育研究所のウェブショップ
窓あきシートどっとコム

■プロフィール

新しい窓1113

Author:新しい窓1113
特許になった「窓あきシート」を中心とした教材を使いながら小学生を教えています。「窓あきシート」を使っての学習法やその他の勉強法、教育問題、父子家庭の子育てを中心に書いています。

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FC2カウンター

■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
もったいないな~
明日はPTA行事で「親子登下校」が予定されています。
親子が一緒に登校して、
子供の登下校の様子や実態、危険な場所はないか、など
実感してもらおうという主旨です。
はっきり「駐車場は用意していません」と意気込んだ企画です。

ところが、昨日、
土曜日は天気が悪いので、お子さん連れや遠方の方はお車でもけっこうです。
というプリントをもらってきました。

あ~あ、もったいないですね。
せっかく雨の中を子供が登校していく苦労を実感できるのに・・・
車で来てしまったら何も分からないでしょうね。

傘を差せば視界が限られ危険になる。
そばを通る車はスピードを落とさず、子供に水飛沫をかけていく。
(自分が経験してはじめて気がつきます)
傘をぐるぐる回して滴を周りにまき散らす子供もいる。
傘を壊してしまう子も何人かいる。
靴の中に水が入り、靴下びしょ濡れのまま授業を受ける気持ち悪さ。


雨の中の登校って大変ですよね。
でも子ども達は元気に登校していく。
そんなことを理解できれば、
子供に対する見方も変わると思うのですが・・

何人の親が一緒に登校するのでしょうか。


皆様のお役に立てることを願っています。

「窓あきシート」は特許を申請していますが、皆様のご家庭で使用する範囲では制限しません。商用使用をお考えの場合はご相談下さい。まもなくPDFファイルのCD版をご紹介できそうです。
窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
60進法に興味がある人はこちら→亀井喜久男HP
スポンサーサイト


子育て | 13:47:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。