■おすすめサイト

全国の塾のブログを都道府県別に検索することができます

塾ブログ検索サイト 塾長・塾講師のブログを紹介しています。】

■窓あきシート教材販売サイト

窓あきシート教材購入希望の方はこちらへどうぞ。

桂川教育研究所のウェブショップ
窓あきシートどっとコム

■プロフィール

新しい窓1113

Author:新しい窓1113
特許になった「窓あきシート」を中心とした教材を使いながら小学生を教えています。「窓あきシート」を使っての学習法やその他の勉強法、教育問題、父子家庭の子育てを中心に書いています。

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FC2カウンター

■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
漢字テストについて2
さて、漢字テストの改良についてです。
いろいろなブログを見ても「送りがな」で困ってみえる方が多いことに気がつきました。
送りがなだけまとめて練習する教材が少ないようですね。
(過学年の漢字をまとめて練習する教材も少なかったので、窓あきシートを作ったのですが)

私の教材も「使い方プリント」に送りがなは載っていますが、どうも定着率が悪いのです。
原因は、送りがなを書く練習が少ないからですね。
小テストで使う短文も、送りがなを持つ漢字でも熟語としてしか入れていない・・・
う~ん、これでは漢字テストとしても不完全なものになってしまう。

ということで、
今、漢字テスト用の短文を全面的に改良しています。

① まず、送りがなを持つ漢字は全て、送りがなを使った形で短文に入れる。

② さらに、送りがなで使った漢字も、大事な熟語があれば短文に盛り込む。

③ なるべく少ない短文数になるように、1つの短文に新出漢字を2つ以上盛り込む。

④ できるだけ子ども達のお手本になるような短文にする。

⑤ 未習漢字にはふりがなをつける。また同学年での未習漢字は別の目印をつける。

⑥ 既習漢字もできるだけテストとして出題する。


という方針で作成中です。

でも、これが大変なんです~。
特に短文に2つ以上の新出漢字を盛り込むという制限が難しい・・
変な文になっても恥ずかしいですし。

この漢字テストができたら、
・送りがなを正しく使える
・大事な熟語を覚えられる
・短文作りがうまくなる

こんな効果が出るのでは?なんて期待しています。

だから頑張ろう。
7月までには絶対に作ろう!

ところで、この方針について
こんなのはどう?という意見がありましたら教えてくださいね。


皆様のお役に立てることを願っています。

「窓あきシート」は特許を申請していますが、皆様のご家庭で使用する範囲では制限しません。商用使用をお考えの場合はご相談下さい。まもなくPDFファイルのCD版をご紹介できそうです。
窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
60進法に興味がある人はこちら→亀井喜久男HP
スポンサーサイト


漢字 | 14:00:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。