■おすすめサイト

全国の塾のブログを都道府県別に検索することができます

塾ブログ検索サイト 塾長・塾講師のブログを紹介しています。】

■窓あきシート教材販売サイト

窓あきシート教材購入希望の方はこちらへどうぞ。

桂川教育研究所のウェブショップ
窓あきシートどっとコム

■プロフィール

新しい窓1113

Author:新しい窓1113
特許になった「窓あきシート」を中心とした教材を使いながら小学生を教えています。「窓あきシート」を使っての学習法やその他の勉強法、教育問題、父子家庭の子育てを中心に書いています。

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FC2カウンター

■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
わたしたちの教科書
テレビはあまり見ないんですが、
菅野美穂にひかれて(^ ^; 「わたしたちの教科書」を数回見ました。
(ホントはずっと見続けるつもりでしたがうっかり忘れてしまって・・・)
いじめをテーマにしているのですが、教育ブログではあまり記事としては上がってきません。
ちょっと不思議です。
まあ、しょせんドラマだから、というのがあるのかもしれませんね。
私もそんな意識で見ているんですが、
6月2日の中日新聞(夕刊)にこんなことが書かれていました。

学校問題を描くドラマ、リアルなサスペンス
いじめ、隠蔽・・10代を中心に「リアルだ」と反響
番組ホームページには
「決して大げさに作られていない」
「今の子どもは人の気持ちを分かることができない、それをドラマがリアルに教えてくれる」
といった中学生の感想が。
「学生時代に放送されていたらよかったのに」
など、いじめ被害者の切実な書き込みも少なくない。
フジによると、十代の視聴者が木曜10時に最も見ている番組は、このドラマだという。


これを読んで、え~これがリアルなの・・
先生達の行動があまりにも大げさに(誇張して)描かれているような気がして
また、全くいじめに気がつかないあたりなど、これはちょっとねと思っていたのですが・・

確かに、子ども達の様子はリアルかも知れませんね。
これくらい巧妙にいじめをしているとしたら、誰も気がつかないかもしれない。
そんなことは感じました。
と同時に、空恐ろしさを感じます。

それと、これは新聞の記事以前から感じていたことですが、
先生達の人間関係がいじめ問題解決に大きく影響するんですね。 
無関心、出世欲、しがらみ、係わりたくない、めんどくさい・・
こういった意識が問題解決の足かせとなっているんでしょうね。

このあたり、ドラマでは大げさに(ですよね?リアルじゃないですよね)描いているのですが、

考えてみれば、どんな組織にも3割はそのような人たちがいますよね。
(3:4:3の法則・・・今は「サシミの法則」っていっているようですが)
いわゆる抵抗勢力という存在が。
詳しくは書きませんが、いっぱい見てきました。
これ以上仕事が増えるのがイヤだという理由で、あらゆる方法で邪魔をしようとする人たちを。
陰でこそこそ集まって相談する彼らの姿は見たくないですよ。
いくつもの計画が骨抜きにされたり、廃案になりました。

おっ、どこかの国の国会みたいですね。

学校はどうでしょう。
今まであまり考えてこなかったんですが、やはり、足を引っ張る存在もあるんでしょうね。
真剣に立ち向かっている先生方が気の毒になってきます。
あ~、なんか悲観的な内容になってしまった。

「ドラマのラストは温かく」と脚本家は言っているので、
現実社会もそうであるように頭を使いましょうか。
問題点をはっきりさせなければ、解決もしないですからね。


皆様のお役に立てることを願っています。

「窓あきシート」は特許を申請していますが、皆様のご家庭で使用する範囲では制限しません。商用使用をお考えの場合はご相談下さい。まもなくPDFファイルのCD版をご紹介できそうです。
窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
60進法に興味がある人はこちら→亀井喜久男HP
スポンサーサイト


教育問題 | 11:59:52 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
このドラマ、
チラっと見てはいましたが、
ちょっとドラマ過ぎるなぁ~(当たり前なんだけど)と・・


人対人、学校や、先生といえど、
人間が集まると必ず何かありますよね。

だけども、
それと並行して、
人対人を、
大人より敏感に感じている子供の集まりがあるわけです。

家庭も同様、
親の考えとは裏腹に、
毎日を生きている子供がいる。

自分の記事と重なるようで、反応してしまいます(^^ゞ

10代の子には「リアル」ってのはわかるけど、

こういったドラマ、
大人にはいいのかもしれませんが、
実際、子供にどう影響するのかな?なんてことも、
少し考えてしまいます。大人への不信とか・・・・
メディアって、難しいですよね。


2007-06-06 水 22:36:56 | URL | マー [編集]
そうなんですよね。
ドラマ過ぎるのは言えてます。
菅野美穂が出ていなければ見ないかな?(エヘヘ)

内容は重いものを持っています。
子ども達には大切な部分だけ理解してもらいたいですね。

今日は忘れないようにしなくちゃ~(^^)
2007-06-07 木 17:23:49 | URL | 新しい窓1113 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。