■おすすめサイト

全国の塾のブログを都道府県別に検索することができます

塾ブログ検索サイト 塾長・塾講師のブログを紹介しています。】

■窓あきシート教材販売サイト

窓あきシート教材購入希望の方はこちらへどうぞ。

桂川教育研究所のウェブショップ
窓あきシートどっとコム

■プロフィール

新しい窓1113

Author:新しい窓1113
特許になった「窓あきシート」を中心とした教材を使いながら小学生を教えています。「窓あきシート」を使っての学習法やその他の勉強法、教育問題、父子家庭の子育てを中心に書いています。

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FC2カウンター

■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
小学生で合同?
全国学力テストの結果報告を受けていろいろな意見が出ていますね。
家庭の経済格差が学力に影響するか・・・
なんか寂しいですね。

ところで、昨日のNHKで「ニュースウオッチ9」という番組をやっていました。
考える力、応用力を育てる工夫として
教室の天井の長さをどうやって測るか子ども達に考えさせていました。
高いところなので巻き尺は届かないという前提でした。

教室というのは直方体ですから、天井と床は同じ長方形です。
ですから床の長さを測ればよいということを気がつかせるのはいいと思います。
また、天井の角から反対側の柱の途中までの斜めの直線の長さを求めることもやっていました。
これも、壁全体を長方形とみて斜めの直線と平行な線を床から引けば
平行四辺形の向かいあう辺の長さは等しい」という
小学生で習った知識で長さを測ることができます。

ところが番組に出ていた小学生の答えは
上下にできた2つの三角形は合同だから、斜めの線は同じ長さになる
というものでした。

たしか三角形の合同は中学校で習うはずです。
学習指導要領解説 算数編 平成11年5月 文部省
たぶんこの子は塾で「三角形の合同」を習ったので、このような答え方をしたのだと思いますが、
塾に行っていない子ども達は全く分からないでしょうね。
「合同」という言葉の意味も分からないはずです。

これでは「せっかくの応用もなんだろうな~」と思ってしまいます。
授業では小学生に知っている知識の範囲内で考えていかなければいけないのじゃないのかな?


皆様のお役に立てることを願っています。

「窓あきシート」は特許を申請していますが、皆様のご家庭で使用する範囲では制限しません。商用使用をお考えの場合はご相談下さい。まもなくPDFファイルのCD版をご紹介できそうです。
窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
60進法に興味がある人はこちら→亀井喜久男HP
スポンサーサイト


教育問題 | 12:48:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。