■おすすめサイト

全国の塾のブログを都道府県別に検索することができます

塾ブログ検索サイト 塾長・塾講師のブログを紹介しています。】

■窓あきシート教材販売サイト

窓あきシート教材購入希望の方はこちらへどうぞ。

桂川教育研究所のウェブショップ
窓あきシートどっとコム

■プロフィール

新しい窓1113

Author:新しい窓1113
特許になった「窓あきシート」を中心とした教材を使いながら小学生を教えています。「窓あきシート」を使っての学習法やその他の勉強法、教育問題、父子家庭の子育てを中心に書いています。

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FC2カウンター

■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
漢字テストができました。
やっと漢字テストができました。
以下に詳細を書いておきます。

「2文節以上の漢字テスト」

漢字を覚えるために一番いい方法はなんでしょうね。
ひたすらその漢字を書いて練習する?
あまり効果があるものとは思えません。
途中から間違った漢字を書き続けているお子さんを何人も見てきましたから。

その漢字1字だけを練習し、覚えることは難しいと思います。

その漢字を使った熟語、短文を実際に使うことによってはじめて意味が分かるようになります。
しかし、意味が理解できるということは、漢字を覚えることの前提がではないでしょうか。
その漢字の使い方を想像しながら、1つの漢字を丁寧に練習する。
ある程度の反復をしていく中で、正しい漢字が書けるようになると思います。

「窓あき式漢字練習帳」は
この点を考慮して「漢字使い方プリント」を付録として付けてきました。
従来の漢字ドリルや問題集よりも、1つの漢字について多くの使用例を出しています。
こうした使用例を理解して15ミリ漢字練習シートを使えば驚くほどの効果があります。
「あ、この漢字はこういう使い方があったな、こんな熟語があったな」と
想像しながら覚えることができます。

大人の方が使う場合はそのことを実感できるのではないかと思います。

ただ、子どもの場合は、大人ほど言葉を知っていません。
言葉の量を増やすためには、できるだけ多くの使用例に接することが必要となります。
その意味で、読書はとても効果があると思います。
読書の場合、初めて出てくる言葉も前後の関係から想像できる効果もあります。
(もちろん間違って理解することもありますがー笑)

その意味では、単文節の言葉(熟語1つ)だけでは、意味が分からないことがありますね。
以前から、この点を解決する方法を考えていました。
その結果が、「2文節以上の漢字テスト」です。

問題例を出しておきます。

(漢字テスト4-④「読み」 テストNo.16)
1 不運にも敗れる  2 梅林の上を飛ぶ  3 兵器に金を費やす  
4 必ず休養します  5 利子が付く  6 老人と別れる
7 勇気が無い農夫  8 辺の長さを変える  9 市民からの便り
10 書類を包む


(漢字テスト4-④「書き取り」 テストNo.16)
1 ふうんにも やぶれる  2 ばいりんの上を とぶ  3 へいきに 金をついやす
4 かならず きゅうようします  5 りしが つく  6 ろうじんと わかれる
7 ゆうきが ない のうふ  8 へんの長さを かえる  9 しみんからの たより
10 しょるいを つつむ



2文節以上にすることにより
「主語・述語」の関係や「修飾・被修飾」の関係を取り入れることができ
漢字の持つ意味や使い方がはっきりしてきます。
これは、漢字を覚えるための強力なサポートとなります。
また、書き取りテストでは、傍線部の漢字が容易に想像できます。
(単語だけの問題の場合、同音異義語の間違いがでてきます)

もちろん2文節以上の漢字テストは学校の漢字ドリルでは以前から使われていることは知っています。
ただ、問題量に少し物足りなさを感じていました。

また、その学年で学習する全ての漢字をいくつかの短文にまとめた教材もありましたが、
いかにも不自然な文章が混じっていて、
これを子ども達が覚えてしまうと大変なことになるなと感じたこともありました。


そこで、「窓あき式漢字練習帳」に取り入れるためにいくつかの工夫をしました。

以下にその工夫を挙げておきます。

① 15ミリノート用漢字練習シートに対応した漢字テスト
15ミリ漢字練習シートは学年によって2~4枚(1枚あたり40~50字)で構成されています。
それぞれのシートに対応した漢字テストをすることによって、
段階的(進級的)に学習を進めていくことができます。
「まず、このシートの漢字を確実なものにしておこうね」って感じですね。


② 1つの問題にその漢字練習シートで学習した漢字が2個以上入れる。
1枚の漢字練習シートは40~50字の漢字で構成されていますが
そのシートに対応する漢字テストは50の問題があります。
したがって、同じ漢字を2回以上テストすることができます。
送りがなの問題は必ず入っていますし、重要な熟語も入っています。
いたずらに問題数を増やさないで、効率よく漢字を学習できるようになりました。

(ここが一番苦労したところです。限られた漢字だけを使い、しかも文節の関係が不自然にならないようにするために相当頭を働かせました。また、1回10問のテストの中に同じ漢字が入らないように並べ替えることも大変でした。それでも一部やむを得ず同じ漢字が含まれる場合があります。)

③ 未習の漢字もふりがなを付けて積極的に使う
今までに習った漢字だけで問題を構成すると、どうしても不自然な問題ばかりになります。
この漢字テストは子ども達が普通に使う言葉で問題を作ってあります。
当然、未習の漢字も使用しますが、ふりがながつけてあります。
この方がより漢字に親しめると思っています。
さらに、その漢字練習シート以降で学習する同学年の漢字と他学年の漢字の区別もしてあります。


「窓あき式漢字練習帳」はこの漢字テストをつけて「1500円」で販売します。
もちろん、漢字テストがついていないものは従来通り「1300円」になります。
また、漢字テストだけの場合は1学年250円で販売します。

というわけで、
2月分(遅くなりましたが)のご注文を受け付けます。
数に限りがありますので、予定数に達しましたら終了となりますが
よろしくお願い申し上げます。


皆様のお役に立てることを願っています。

「窓あきシート」は特許を申請していますが、皆様のご家庭で使用する範囲では制限しません。
商用使用をお考えの場合はご相談下さい。まもなくPDFファイルのCD版をご紹介できそうです。
窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、
ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
60進法に興味がある人はこちら→亀井喜久男HP
スポンサーサイト


窓あきシート教材 | 16:37:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。