■おすすめサイト

全国の塾のブログを都道府県別に検索することができます

塾ブログ検索サイト 塾長・塾講師のブログを紹介しています。】

■窓あきシート教材販売サイト

窓あきシート教材購入希望の方はこちらへどうぞ。

桂川教育研究所のウェブショップ
窓あきシートどっとコム

■プロフィール

新しい窓1113

Author:新しい窓1113
特許になった「窓あきシート」を中心とした教材を使いながら小学生を教えています。「窓あきシート」を使っての学習法やその他の勉強法、教育問題、父子家庭の子育てを中心に書いています。

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FC2カウンター

■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
幻の計算ゲーム4(カードの公開)
「幻のゲーム3」の「続きを読む」が右端に隠れていたのに気づかず、
あわてて続きの部分をアップしたり(削除しました)、
ランキングのバナーがわけの分からないところにリンクしていたり、
初心者はダメですね~。
ご迷惑をおかけしました。

午後から小5の息子を連れてプールに行って来ました。
すると
「塾長~」と若い女性の明るい声が聞こえてきたのです。
(8年前までは雇われ塾長でした)
その塾を立ち上げたときの最初の塾生のマリコです。
小5から高校に合格するまで、持ち前の明るさで頑張っていた子です。
卒業して10年たっても、
その明るさも素直さもかわいらしさも変わっていませんでした。
そんな教え子に会うことはうれしいことですね。

さて、計算ゲームのまとめです。

前回の宿題は

17,16,8,19,8から「9」を作ってください。
でした。

① 19-17=2 ②2×8=16 ③16÷16=1
④ 1+8=9

ですね。四則全部使ってあるので「グランドスラム」です。

もうお分かりかと思いますが、
このゲームを速く解くコツは2つあります。
(見本写真も続きにあります)



ランキングに参加しています。ポチッと一押しのご協力お願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ20060822163614.gif





1 カードが配られているうちに、大まかな数の関係(和・差・積・商)を考えておく。特に小さい数にすると簡単だから、差と商を考える。

2 どの数を最後にするか考える(当たりはずれがありますが大事)

  例 14、9、5、10、4から25を作る。

 5を最後にすると、残り4枚から5(積)か20(和)か30(差)か100(商)を作ればいいわけですね。

そうすると、
 ①4×9=36 36+14=50 50÷10=5 とか
 ②14+4=18 18÷9=2 2×10=20 とか
 ③14-9=5 5×4=20 20+10=30 のように
なんと3通りもできます。

つぼにはまれば、答のカードが出された瞬間に、解ける場合があります。
気持ちいいですよ~。
私も、コツを教えたばかりに、子供たちに負けることが多くなりました。
塾や学校で、生徒とガチンコ勝負も緊張感があって面白いですね。

あ、大事なことを忘れていました。
このカードの構成ですが、
 1~10までの数字カード各3枚(数字の色は黒)       
 11から17までの数字カード各2枚(数字の色は青)
 18から25までの数字カード各1枚(数字の色は赤)
の52枚で1セットです。

簡単に作ることができますから、
ぜひご自分で作ってみてください。

どうしても面倒だという人がいましたら…
名刺カードとインクジェットで私が作ったもの(ちゃちです)を800円(送料・手数料別)でお分けしますが…
お問い合わせから申し込んでください
でも、ほんとに簡単ですから、作ってみてください。
いらなくなったトランプに数字を書き込んでもできますよ。


こんなんです。
もちろん切り離す前の状態です。 
kurypt.gif

スポンサーサイト
幻の計算ゲーム | 20:59:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。