■おすすめサイト

全国の塾のブログを都道府県別に検索することができます

塾ブログ検索サイト 塾長・塾講師のブログを紹介しています。】

■窓あきシート教材販売サイト

窓あきシート教材購入希望の方はこちらへどうぞ。

桂川教育研究所のウェブショップ
窓あきシートどっとコム

■プロフィール

新しい窓1113

Author:新しい窓1113
特許になった「窓あきシート」を中心とした教材を使いながら小学生を教えています。「窓あきシート」を使っての学習法やその他の勉強法、教育問題、父子家庭の子育てを中心に書いています。

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FC2カウンター

■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
キレる子どもたち 番外編2「愛知学園事件」
地方のニュースで、全国的には知られていないと思いますから、
新聞記事を資料としてアップしておきます。

いわゆる中学生による「教師に対する校内暴力」ですが、
これが、公立の児童自立支援施設で起きたことが、問題の重大性を物語ります。

児童自立支援施設とは、
非行行為をしたり、そのおそれのある子どもたちの自立支援を行っている施設ですが、
専門家である職員たちですら対応できなくなっている現状が浮かび上がってきています。
しかも、この施設では今から2年前に、
職員が収容生徒に殺害されるという事件が起きています。
その反省をふまえて、対応してきていると思うのですが、
(たぶん、他の施設以上にやってきていたと思います)、
同じような事件が起きてしまったことに驚かされます。

また、11日にも福岡でいじめによる中学生の自殺がありました。
つい先日、滝川小学校の自殺問題が大きな話題になり、
いじめは自殺につながると誰もが知っている(と思いたい)のに、
再び同じようなことが起きてしまう。


大人なら、そのような情報に無関心な人間はいっぱいいるでしょう。
でも、小中学生ですよ。
親からも、学校からも聞くんじゃないですか?
滝川小学校の自殺問題は、どこの学校でも子どもたちと話し合いますよね。
(まさか、やらないなんてことはないですよね。塾なら話しますよ。)
それでも、いじめはいけないことだと分からないのですか?
今の子どもは、そこまで心がすさんでいるのですか?
いったい、誰が。何が、ここまで子どもたちを追い込んでしまったのか・・。また、いったいどうのように対処していいか分からなくなってきた。
今、脱力感から抜け出せなくなっています。



いつも読ませてもらっている「dannkichiさんの日記」にも、酷いいじめの問題が載っていて、
それに対して「うろこ先生」がかなり厳しいご意見を書いていらっしゃる。
ほとんどの先生が一生懸命対応されていると思うが、
現実にこのようなことが起きているということは、
今までのやり方では無理だということ。
過去の成功したケースをきちんと分析し、対応して欲しい。
本当に何とかしなければならない。



以下新聞記事の抜粋です。(全文は題名をクリック)

愛知学園の集団暴行:少女ら“ろう城” 授業ボイコット、異常事態続く
 女子職員への集団暴行事件が起きた県立児童自立支援施設「愛知学園」では、事件後1週間以上たった今も、女子棟に入所中の少女たちが授業をボイコットしたり女子職員の入室を拒否するなど異常な状態が続いている。
 暴行に加わった少女9人のうち7人は同園の女子棟で生活している。しかし、女子職員に対する反発は収まっておらず、学校棟での授業や園内の農作業実習をボイコット。食事も自分たちの部屋に持ち込んで食べたり、大きな音で音楽を聴いている。4室に分かれて寝ることになっているのを無視し、1室にふとんを持ち込んで全員が寝るなど、事実上“ろう城”の状態という。
10月5日朝刊(毎日新聞)

愛知学園:職員に暴行の少女3人を傷害容疑で逮捕
 愛知県立児童自立支援施設「愛知学園で、女性職員が入所している少女に集団暴行された事件で、春日井署は13日、15歳の少女3人を傷害容疑で逮捕した。
 調べでは、少女3人は他の少女数人と共謀して9月26日午後2時ごろ、同施設敷地内の駐車場で、嘱託職員の女性(47)の腕をひっかいたり、髪をひっぱったりして約1週間のけがを負わせた疑い。前日の自習時間中に女性から注意を受けたことに腹を立て、暴行に及んだという。
10月14日朝刊 毎日新聞


キレる心「指導に限界」
愛知学園の暴行事件
 愛知県立児童自立支援施設「愛知学園で起きた入所少女9人による女性職員への暴行事件は、14日までに6人が逮捕される事態となった。非行少年や家庭環境に問題が生じた子どもたちの社会復帰を図るはずの施設が、事件の現場に。さまざまな問題を抱える子どもたちの現状に、職員が付いていけない実態が浮き彫りになった。
 “限界”を迎えているのは愛知学園だけではない。静岡県立三方原学園の中村俊信園長も「どう指導したらいいか戸惑う子がいるのは事実」と認める。
 厚生労働省も、ことし3月に発表した児童自立支援施設に関する報告書で、虐待や学級崩壊、いじめなど、子どもの抱える問題が深刻化している実態に触れ、職員の専門的な援助技術向上が必要との考えを示した。
 日本福祉大の加藤幸雄副学長(非行臨床心理学)は、医学や精神心理学の面からのサポートが必要だと指摘する。「専門家がバックアップできるシステムや施設を考えていかなければ、暴行事件は全国どこの施設でも起こり得る話ですよ」
10月15日朝刊 中日新聞 

愛知学園事件 強殺、施設に衝撃 厳しい信頼構築 専門的な支援確立急務
**********************************
 けんかの仲裁に入る「先生」に子どもたちが突然襲い掛かり、現金を奪って脱走した。愛知県春日井市の児童自立支援施設「愛知学園」で4日未明、職員の森野成雅さん(34)が中学生4人に殺害された事件。非行や虐待などのため傷ついた子どもの社会復帰を促す学園での惨劇は、施設関係者に衝撃を広げている。(2002.10.15 宮崎日日新聞)

追記:リンクがうまくいっていませんでした。修正しました。(10/15 12:30)


皆様のお役に立てることを願っています。

子どもたちの心が本来のものに戻れるように、ポチッと1押しのご協力をお願いします。
20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
スポンサーサイト


キレる子どもたち | 11:02:58 | トラックバック(0) | コメント(3)
コメント
re:
こんにちは。
にわかには信じられないようなことばかり。
なにが子どもたちをそうさせるのか。
『感じることが出来ないのだ』と糸山先生はおっしゃってますね。


ウロコ先生のブログご存知なんですね。
私は自分のブログは持っていないのですが、
いつもこのあたりにいますので、ご用の際は呼んで下さいね。
2006-10-15 日 12:01:59 | URL | ひょう [編集]
ひょうさん
コメントありがとうございます。一生懸命に子どものことを考えてみえる先生方のブログは、だいたい見させていただいています。うろこ先生のメルマガもとっていました。臆病なものですから、でなかなかコメントは残していません。でも、記事だけでなくコメントも読んでいます。もっと考えが「深化」していきますから。他のブログでのひょうさんのコメントも読んで参考にさせていただいています。そういう意味でも、ありがとうございます。新聞記事のリンク、なおしておきましたから読んでください。
2006-10-15 日 12:48:46 | URL | 新しい窓1113 [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013-12-30 月 08:05:04 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。