■おすすめサイト

全国の塾のブログを都道府県別に検索することができます

塾ブログ検索サイト 塾長・塾講師のブログを紹介しています。】

■窓あきシート教材販売サイト

窓あきシート教材購入希望の方はこちらへどうぞ。

桂川教育研究所のウェブショップ
窓あきシートどっとコム

■プロフィール

新しい窓1113

Author:新しい窓1113
特許になった「窓あきシート」を中心とした教材を使いながら小学生を教えています。「窓あきシート」を使っての学習法やその他の勉強法、教育問題、父子家庭の子育てを中心に書いています。

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FC2カウンター

■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
朝食の準備なしが1割!?
今日は授業参観日
下の子は
「来なくていいよ」
と言うようになりました。

やっと甘えん坊も卒業かなと思いましたが、
本音は来て欲しいらしい。

授業は道徳で、テーマは
「親の言い分、子どもの言い分」でした。

「1時間という約束を破ってゲームをしている子どもに対して、
 親は何というか。
 それに対して、子どもはどう反論するか」という内容・・

親子が対面しての授業だから、本音はなかなか出ないです。
親は、当たり障りのない発言。
子どもは受けねらいの発言と気持ちをストレートに出す発言。
「ハーイ、分かりました」という声はなかったですね。

それでも、母親の言葉に
いつもと違うじゃん」なんて声も返ってきたりして、大笑い。
あるいは、
僕よりもお父さんの方が長くゲームやってる~」なんて発言もありました。
(お父さん、来なくてよかったですね。)

うちの子はわりと1時間という約束を守る子ですから、
この設定では、答えに困っていました。
(最近は、あまり聞き分けがいいのも、かえって心配してしまいますね)

でも、教室全体の雰囲気は良かったですよ。
子どもたちの表情もみんな明るかったし、
学級崩壊の気配なんて全然ありませんでした。
まあ、5年生ですから、少しくらい生意気な発言がありましたが、
少しずつ自立している証拠だし、当たり前ですよね。

話は変わりますが、
岐阜県教育委員会が発表したこんな記事が気になりました。
10月17日朝刊 中日新聞
「1人で朝食」中学生46%  家族の生活時間ずれ

 県内の児童生徒で、朝食を1人で食べる小学生の割合が21・4%、中学生では45・9%に上っていることが、県教委の調べで分かった。県教委では「親が働いているなど、家族の生活時間のずれがあるのも要因の一つでは」としている。
 朝食を食べない理由は、小中学生ともに「時間がない」がトップで、2番目は小学生が「食欲がない」、中学生は「食べない習慣」。
「準備なし」という答えが、小学生で11・8%もあり、特に低学年での割合が高かった。


1割が朝食の用意がしていない!?
低学年での割合が多い?
それじゃあ、だんだん酷くなっていくの?
これはもう、信じられない話です。


「家族の生活時間のずれ」?
そんな認識してちゃいけないないような気がしますが・・
「父子家庭の方のブログを見てくださいよ」と言いたくなります。
お父さんでも、仕事を持ちながら、食事の用意をきっちりしていますよ。
(私も一応毎朝、朝食とお弁当を作っています)
みなさ~ん、子どものためにがんばりましょ~よ~。


皆様のお役に立てることを願っています。

「窓あきシート」は特許を申請していますが、皆様のご家庭で使用する範囲では制限しません。
商用使用をお考えの場合はご相談下さい。

窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、
ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
60進法に興味がある人はこちら→亀井喜久男HP
スポンサーサイト


子育て | 17:10:28 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
朝食は欠かした事がありません。
力が出ないです。
休日などは、ブランチとなりやすいですがね。

周りにも、
「うちは朝食無しなのよ~」とあっけらかんという人はいますね。
もう、悪びれた事ではないです。
むしろ、「うちの文化です~」といわんばかりです。
そう言ったうちに限って・・・というのは、偏見ですかな(^^ゞ

一人での食事も、確かに淋しいものですが、
用意すらしていないというのは、どうかと思います。

「時間が無い」
確かに、本当に切迫した家庭もあるでしょう。

ただ大抵は、時間は作り出すものであると思うのです。

私は溶接士として、製造業、そして、肉体労働に属すでしょう。
仲間達にも、朝メシ抜きはいます。
そして、彼ら、
いかに午前中に覇気が無いことか・・・

そして、
現地工事(出張)の時に、彼らを変えることが楽しみだったりします。
朝食からして仕事は始まっている(打ち合わせとか・・・)

彼らは、孤独感に襲われるのです。
そして、恥ずかしそうに、人生?初めての「朝食」に・・・

嘲笑しながらも、温かく迎えると、
本当に彼らはね、嬉しそうなんですよ。
朝起きて、バカヤロ、クソヤロでもね・・・にこやかなんです。
夜、酒が入ってね、聞くと、切ない環境が多いです。

親とも触れ合えない人間が、
他人とコミュニケーション取れないのは当然、
食事とは、食べることだけにあらず。
沢山の事を学べる、そんな場だと思います。


おっと、そんな彼ら、
もう朝食無しでは仕事が出来ない体になっております(^^♪

長文失礼しました。
2006-10-21 土 23:30:34 | URL | マー [編集]
マーさん
>時間は作り出すものである
そうですね。工夫すれば何とかなりますよね。
マーさんの仲間の話、いいですね。言葉は悪くても、人とのつながりを求めているんでしょうね。それが実現すれば人は変わっていくのか・・いいなー。
コメントじゃもったいないな。本文で紹介させてくださいね。
2006-10-23 月 11:28:36 | URL | 新しい窓1113 [編集]
おはようございます。
私の家庭の場合も、母がご飯と味噌汁をあらかじめ用意しているので、
あとは明太子なり、ふりかけなり冷蔵庫から自分で出してきて、
ご飯も味噌汁も自分でついで食べるというセルフ式でした。
父は仕事上、朝の4時には家を出ますし、8時からパートを持っている母も朝は大忙し。
逆に私の場合は家族みんなで食卓を囲むというのが重かったりもしましたし。

自律神経失調症の私は、朝を食べると食べている途中であろうとおなかを壊して
トイレから出てこれなくなることがほとんどですので、朝は基本的に食べません。

前にも書いた事かもしれませんが、家族で適切な食事を同時に決まった時間に取るという事は、
基本であるがとても大切なことだと、ある新聞の連載記事で読みました。
例えば、子供は親にまともに口を利かず(青春期)、親も子供たちにどう対応していいか分からない、
家庭崩壊の危機だったある家庭で、せめて夕食だけでも毎日同じ時間に家族みんなで、
食卓を囲む事を続けたそうです。
すると不思議と家族が一体化し、家庭崩壊寸前だったのに、まるでなにもなかったかのように
暖かい家庭に変身していったそうですよ。
それはほんの一例で、正しい食事をすることを続けただけで、
想像もしなかった影響が現れるそうです。

ただし、そういうことが通じないという家庭もあることを考慮しつつ…
2006-10-23 月 21:47:55 | URL | Eva [編集]
Evaさん
こんばんは。そうですね、それを忘れていました。一緒に食べたくても、どうしても無理な家庭もありました。そのような家庭の方には大変申し訳ありませんでした。でも、手抜きで作らない家庭と違い、子どもたちはきっと理解してくれると思います。ちょっとした気遣いが、状況を変える事ってありますね。だからこんなちっぽけなブログでも書き続けていこうという勇気がわいてきます。思いが伝わらないこともあって、寂しい思いもすることもありますが、それはそれで仕方ないですね。気持ちを新たにして再出発するしかない、です。コメント本文で紹介させてくださいね。
2006-10-24 火 08:47:30 | URL | 新しい窓1113 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。