■おすすめサイト

全国の塾のブログを都道府県別に検索することができます

塾ブログ検索サイト 塾長・塾講師のブログを紹介しています。】

■窓あきシート教材販売サイト

窓あきシート教材購入希望の方はこちらへどうぞ。

桂川教育研究所のウェブショップ
窓あきシートどっとコム

■プロフィール

新しい窓1113

Author:新しい窓1113
特許になった「窓あきシート」を中心とした教材を使いながら小学生を教えています。「窓あきシート」を使っての学習法やその他の勉強法、教育問題、父子家庭の子育てを中心に書いています。

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FC2カウンター

■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
キレる子どもたち16 対応2
キレる現象に対して、防止対策はどうなっているのでしょうかね。突然「キレる」とはいえ、それまでの過程にいろいろな問題があることが分かっていますから、その問題を解消する事が大切だと思いますが・・。

問題を整理すると(私個人が理解している範囲ですが)以下のようになります。
 ①他者に対する誤った認識(被害者意識)を持つ
 ②ストレスに対する耐性がない
 ③友人関係が希薄
 ④物質的には恵まれているが、幸福感は少ない。
 ⑤不満や悩みを抱えている
 ⑥疲れている
 ⑦自己肯定感を感じられない、無力感
 ⑧将来に希望が持てないなどの自信喪失、意欲の欠如の蔓延
 ⑨コミュニケーションの障害
 ⑩規範意識の低下

これらについて、1つ1つ見ていきたいと思います。

①に対しては、
「『キレ』という現象の背景にあるその人の誤った認識(たとえば、人が自分に悪意を持っている、人が自分を陥れようとしている)を取り除き、より現実的な認識を持つことができるように指導する」(「キレる青少年の心」P78)ことができるそうです。

ただし、これは「キレた」子どもに対する対応です。

しかし、子どもの様子を見ていると、
普段でも、このような意識にとらわれている事に気づくことがあります。
そんなときに、家庭や学校で適切な指導ができるといいですね。


今、学校では、心の問題に対して、様々な対策がとられています。
しかし、
道徳教育の強化や、「心のノート」などの対策は、
今のところ、十分に対応できていないように思います。
(しっかりやらなかったから出来ないのか、しっかりやっても出来ないのか分かりませんが・・)
私個人としては、形だけの授業ではだめだと思います。

また、
不登校対策や、校内暴力後の心理ケアのために、
スクールカウンセラーが設置されつつありますが、
こちらで、キレる子どもの対応(キレの防止)も出来ればいいと思いますが、どうでしょうね。

ただ、愛知学園事件のように専門家でも対処できない現実をみるかぎり、
(問題行動を起こした子どもではあったが)
全く新しい視点からの対策が必要かもしれませんね。

(次回に続く)


皆様のお役に立てることを願っています。

「窓あきシート」は特許を申請していますが、皆様のご家庭で使用する範囲では制限しません。
商用使用をお考えの場合はご相談下さい。

窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、
ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
60進法に興味がある人はこちら→亀井喜久男HP
スポンサーサイト


キレる子どもたち | 15:59:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。