■おすすめサイト

全国の塾のブログを都道府県別に検索することができます

塾ブログ検索サイト 塾長・塾講師のブログを紹介しています。】

■窓あきシート教材販売サイト

窓あきシート教材購入希望の方はこちらへどうぞ。

桂川教育研究所のウェブショップ
窓あきシートどっとコム

■プロフィール

新しい窓1113

Author:新しい窓1113
特許になった「窓あきシート」を中心とした教材を使いながら小学生を教えています。「窓あきシート」を使っての学習法やその他の勉強法、教育問題、父子家庭の子育てを中心に書いています。

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FC2カウンター

■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
岐阜県瑞浪市の中2自殺問題に思う
悲しい自殺が続き、胸がつぶれる思いです。
いくつかの問題がありますが、少し別の視点から書きたいことがあります。
中日新聞(2006年10月30日朝刊)の記事からの引用です。

女子生徒は、パス練習でわざと捕れないような球を目の前から強く投げられたり、遠くへ外して投げられたりして、捕れないと笑われていた。女子生徒が正確にパスを出しても捕らず「あーあ、シュートできんかった」と言う時も。ペアの練習は女子生徒にいつも組む相手がなく、顧問と組む場合もあったという。

 女子生徒は平日の部活動は1年から、主に週末のクラブ活動は2年から参加。このため「(クラブでは)1年遅れて入ってきたくせに私らの方に入りたさそうにしてるで、うざい(うっとうしい)」「1年と同じレベルのくせにきもい(気持ち悪い)」と言われ、1年生同様にボールの片づけもさせられた。

 普通はシュートが入ると「ナイス」、入らないと「ファイト」と皆で声をかけるが、女子生徒には声をかけず、下級生も声を出せなくなった。メモに登場した部員が女子生徒の前で、いらだたしげに足を踏み鳴らすこともあった。(引用終わり)


このとき、顧問は気づかなかったのかな?
たぶん気づかなかっただろうな。
この部活は、通常の部活ではなく、
土曜日のクラブ活動で、地域の社会人が顧問だったそうです。
善意で指導されている人に、そこまで要求することは酷だと思います。
たぶん、この方も心を痛めているに違いない。
気づいてきちんと話していたらどうなっていたんだろう?と。

私はこの顧問を責めているわけではありません。
事情がが分からないが、
私が同じ立場であったとしても気づいたかどうかは自信がありません。
ただ、この一件を見て
これから、もう少しアンテナをしっかり立てよう思うのです。


話は違いますが、
スポーツ少年団での同様ないじめの話を聞くことがあります。
途中から入った場合、前からやっていた子供に馬鹿にされるという。
ちょっとした失敗に対しても、いじめに近い言動をされるという。
それがイヤでやめた子供を知っています。

子供たちのこうした行為を顧問は許してしまっているそうです。
結果を出すことだけに目を奪われているのではないだろうか?
こういうときこそ、子供たちを正しい方向に指導できるチャンスなのに。
この体質は、そのまま子供たちの意識に刻まれていく。
そして、学校でも同じような事を繰り返す。

スポ少の顧問のために、親が交代で弁当を作るという話も聞いたことがあります。
こんな事を当たり前と思う人間が、スポ少の顧問をしていていいのだろうか。

顧問のなり手がいないから、目をふさいでいるのだろうか?
でも、それを許したままスポ少を続ける意味はあるのか?
大事なことは、子供の心が健全に育つかどうかではないだろうか。

もちろん、このような指導者はごく一部だと思います。
多くの指導者は、手弁当で一生懸命指導してみえます。
何もしない私より、遙かに立派な行為だと思います。
これだけは誤解しないでください。

学校内でもそうだが、
学校の登下校時にも、いじめは起きている。
スポ少や子供会の行事でも、いじめは起きている。
そんなとき、周りの大人が気づかないで、
正しい行動をとらないで、
どうして子供を救えるのだろう。

この生徒のご冥福を祈ります。


皆様のお役に立てることを願っています。

「窓あきシート」は特許を申請していますが、皆様のご家庭で使用する範囲では制限しません。
商用使用をお考えの場合はご相談下さい。

窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、
ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
60進法に興味がある人はこちら→亀井喜久男HP
スポンサーサイト


教育問題 | 12:28:05 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
この種の問題。メディアは過剰報道をやめ、世間も過剰反応をやめ、一歩立ち止まる必要があると考えています。命の重みが、これほどまでに軽くなってしまった背景には、人間社会が抱える社会的ひずみがあり、現存する社会構造の欠陥が必ず関係していて、ただ単に矛先を学校に向けるだけでは、問題は解決しないと私は考えています。
http://blog.livedoor.jp/tarotohachinosu/
2006-10-31 火 13:49:54 | URL | たけ [編集]
たけさん
コメントありがとうございます。そうですね、マスコミの過剰報道は気になります。学校の対応は確かにまずいと思いますが、そこをついても問題解決にはならないと私も思います。親の育て方の背景には人間社会のひずみがあるとおもいます。ただ、私はまだ何がそうなのかと主張できるほど理解できていません。いろんな方のブログを見たり、本を読んだりして考えていきたいと思っています。
2006-10-31 火 14:20:11 | URL | 新しい窓1113 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。