■おすすめサイト

全国の塾のブログを都道府県別に検索することができます

塾ブログ検索サイト 塾長・塾講師のブログを紹介しています。】

■窓あきシート教材販売サイト

窓あきシート教材購入希望の方はこちらへどうぞ。

桂川教育研究所のウェブショップ
窓あきシートどっとコム

■プロフィール

新しい窓1113

Author:新しい窓1113
特許になった「窓あきシート」を中心とした教材を使いながら小学生を教えています。「窓あきシート」を使っての学習法やその他の勉強法、教育問題、父子家庭の子育てを中心に書いています。

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FC2カウンター

■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
キレる子どもたち20 対応6
今朝の朝刊に瑞浪市の続報が載っていました。
「いじめた側の子供は、毎晩母親と泣きながら寝ている」と
自分の行為の結果に対しては、重く受け止めなければならないと思いますが・・正直な気持ち、この子たちをこれ以上追い込んではいけないと思うのです。心から反省し、なくなった子の思い、遺族の思いを胸に生きていって欲しいのです。そうでないと、悲しみの連鎖がいつまでも続いてしまう。14歳という年齢は、自ら招いたとはいえ、このような重大な問題において自分で立ち直るのはあまりにも幼すぎると思います。深刻な事態になる前に、徹底した人権意識を持たせて欲しい。いじめを生む土壌をなくして欲しいと願うばかりです。

「キレる子供たち」について、今回は⑤「不満や悩みを抱えている」の対応を見ていきます。

⑤不満や悩みを抱えている
不満や悩みというものは、数え上げればきりがありません。誰しもが持っているものであり、その対応の仕方なんて書けるものではありません。それを承知の上、次のようなことを知っておくのは大事かなと思います。

モノグラフ・小学生ナウ -国際比較調査(4)-「家族の中の子どもたち
東京 上海 ソウル ロンドン ニューヨークの5都市で調査

親子の意志の疎通性  
学校でつらいことがあったとき、親は気持ちをわかってくれるか
ぜんぜん、またはあまりわかってくれない 22.4%(最下位)


新千年生活と意識に関する調査(財団法人日本青少年研究所)2000年7月
日本、韓国、アメリカ、フランスの4カ国の中高生での比較

 自分自身 「全く不満、満足でない」 31.1%(最下位)
 家庭生活 「全く不満、満足でない」 20.2%(最下位)
 学校生活 「全く不満、満足でない」 27.1%(最下位)
 文化・余暇生活 「全く不満、満足でない」 19.7%(最下位)
 友達関係 「全く不満、満足でない」  8.6%(第3位)
 社会全般 「全く不満、満足でない」 36.7%(最下位)


「お小遣いを好きなだけもらえるか」という質問に対して、「もらえる、またはまあまあ」と答えた子供が60%にのぼるのに、日本の子供たちのありとあらゆるものに不満を抱いている姿が浮かび上がってきます。親子関係も、「両親と同居」が80%以上あるのですが・・フランスは50%を切っています。それでも、家庭生活の満足度が最下位というのはちょっと理解しかねます。


不満と直接は関係がないのですが、同じ資料に「いじめ」に関するものがありましたので載せておきます。
「学校生活で最も問題になると思うか?」の問に対して、「暴力」と答えた人に対する質問
「どのような暴力が最も深刻だと思いますか?」
いじめ 日本:61.5%、韓国:58.1%、アメリカ:32,4%、フランス:17,7%



「むかつく」原因として、大人側の対応が問題になることがあります。

1998年 深谷昌志氏の東京都の中学生を対象とした調査
 「とてもむかつく」原因として、
 「親が大事な友人をけなす」(37.4%)
 「親に細かく指示される」(29.2%)
 「先生がえこひいきする」(44.5%)
 「できない生徒をけなす」(31.7%)


「自己中心が子どもを壊す」町沢静雄著
「たいていの人は、自分は自己中心とは無縁な人間だと思っているのではないだろうか。
 ところが、相手のためにと思ってしていることが、自己中心になっているときがあるのである。つまり、自分ではむしろいいことをしているつもりなのに、相手は、それを自分勝手なこととみなしているのだ。たとえば、子どもの進学でも、親は子どものためにと思って、親身になって学校選択の相談にのっているのである。だが、やり方を間違えると、子どもの方は、「親が勝手に決めたから仕方なく行ったんだ」といった具合に、親の好意が裏目に出てしまうこともあるのだ。」


様々な不満があるとは思いますが、このような側面もあることを知っておいて欲しいと思います。私自身も深く考えさせられる部分でした。


皆様のお役に立てることを願っています。

「窓あきシート」は特許を申請していますが、皆様のご家庭で使用する範囲では制限しません。
商用使用をお考えの場合はご相談下さい。まもなくPDFファイルのCD版をご紹介できそうです。

窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、
ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
60進法に興味がある人はこちら→亀井喜久男HP
スポンサーサイト


キレる子どもたち | 17:38:20 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-11-06 月 12:44:48 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。