■おすすめサイト

全国の塾のブログを都道府県別に検索することができます

塾ブログ検索サイト 塾長・塾講師のブログを紹介しています。】

■窓あきシート教材販売サイト

窓あきシート教材購入希望の方はこちらへどうぞ。

桂川教育研究所のウェブショップ
窓あきシートどっとコム

■プロフィール

新しい窓1113

Author:新しい窓1113
特許になった「窓あきシート」を中心とした教材を使いながら小学生を教えています。「窓あきシート」を使っての学習法やその他の勉強法、教育問題、父子家庭の子育てを中心に書いています。

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FC2カウンター

■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
子どもの疲れ
今日は⑥「疲れている」について書いていきます。

⑥疲れている

これは生活習慣の問題と習い事の影響でしょう。

A.テレビゲーム
資料 「子どもとテレビゲームの現状
(総務庁「青少年とテレビ・ゲーム等に係る暴力性に関する調査研究報告書」(1999))
・ゲーム時間
 小学校男子43%、小学生女子13%の子どもが2時間以上やっている
・ゲーム時間についての親の認識のずれ
 「2時間以上と回答した保護者の割合は13.8%であった。他方、子ども自身が自己申告したテレビゲームをする時間を見てみると、2時間以上と回答した子どもの割合は26.3%であり、保護者の認識と子どもの実態との間では、開きがあることがわかる。」


B.テレビの視聴時間が長い
資料 「実践事例集-心の健康と生活習慣に関する指導

学校から家に帰ってからやっていることで、「テレビ」は男女とも70~80%

C.寝るのが遅い
昨日の生活についての調査
・午後10時以降に就寝した子どもの割合
 小2 24.1%  小4 48.3%  小6 76.1%
・就寝時間がだいたい決まっている子どもは50%


 調査前日が日曜日のせいか、寝るのが遅いような気がします。同じ調査で「今朝はスッキリ目が覚めましたか」の問いに対して、「ハイ」と答えたのは小6だと26%前後しかありません。ただ、日曜日とはいえ、次の日は学校ですから、私は早く就寝させるようにしているのですが・・

D.塾や習い事
モノグラフ小学生ナウ「モノグラフにみる小学生のすがた
平日でも、塾や習い事に行っているこどもが40%


実際のところ、子供に聞いても、テレビを遅くまで見ていますね。
ゲームにしてもそうです。ゲームする時間に対してあまりにも無関心な親が多い。「ゲーム脳」は関係なくても、子供たちの生活時間から考えれば、長時間のゲームがいいわけありません。「キレる。キレない」の問題以前に、まずそのあたりをきちんとしなければどうしようもないと思います。

塾は週2回で、1時間30分ほどかかるのが普通です。習い事でも1時間ほどかかりますね。この子たちの話を聞くと、ゲームをしたり、テレビを見たりしています。おまけに学校の宿題もあります。全てをこなせば、寝るのが遅くなり疲れがたまるのも当然ですね。
この塾や習い事も、子どもが本当に望んでいるならまだしも、親の考えだけでやらせているとしたら、子どもにとって苦痛でしかないのですが・・どうなんでしょう。

しかも、このような生活習慣では、親子のふれあいがほとんどないですね。こちらの方も大きな問題だと思うのですが、これもどうでしょう。

また、夜遅くのコンビニやレンタルビデオ屋、本屋、映画館などで、子ども連れの大人をよく見ます。家においておくのが心配かもしれませんが、親がもう少し計画的に行動すれば、こんな夜遅く出かけることもないですよね。昨日も書いたのですが、
親の都合に子どもを合わせてしまっているような気がしてなりません。

追加資料 モノグラフ・小学生ナウ 「子どもの疲れ


皆様のお役に立てることを願っています。

「窓あきシート」は特許を申請していますが、皆様のご家庭で使用する範囲では制限しません。
商用使用をお考えの場合はご相談下さい。まもなくPDFファイルのCD版をご紹介できそうです。

窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、
ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
60進法に興味がある人はこちら→亀井喜久男HP
スポンサーサイト


キレる子どもたち | 12:38:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。