■おすすめサイト

全国の塾のブログを都道府県別に検索することができます

塾ブログ検索サイト 塾長・塾講師のブログを紹介しています。】

■窓あきシート教材販売サイト

窓あきシート教材購入希望の方はこちらへどうぞ。

桂川教育研究所のウェブショップ
窓あきシートどっとコム

■プロフィール

新しい窓1113

Author:新しい窓1113
特許になった「窓あきシート」を中心とした教材を使いながら小学生を教えています。「窓あきシート」を使っての学習法やその他の勉強法、教育問題、父子家庭の子育てを中心に書いています。

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FC2カウンター

■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
2.漢字学習は視線の移動が少ないと楽
窓あきシートの使い方と特徴を説明しています(第2回)。

学校で使う教材に、「漢字ドリル」がありますね。
これは繰り返し使える教材ですが、
視線が大きく移動するため、子ども達はけっこう苦痛を感じています。
また、間違えて練習するケースも多く見ています。
1行全部、間違えたままの漢字を練習している・・
間違いが固定化してしまい、直すのに大変な苦労をしています。
これについては、前にも書いたのですが、もう一度書いておきます。

従来の漢字学習法では、手本と書く場所が離れているため、
複雑な漢字であれば、何度も見直さなければなりません。
時間がかかるし、面倒だから、つい手本を見ないで書いてしまう。
これだけで、間違えることが多くなります。

「絶対学力」の糸山泰三氏も同様の指摘をされています。

さらに、視線を移動する間に、
省略化・簡略化・よく似た字への置き換え化等などの「脳のはたらき」があって、
無意識に間違った漢字を書いてしまう。
こんな考え方もあるのではないでしょうか。


手本が横に

画像が少し汚いのですが、どうでしょう。
すぐ隣に手本があると、視線を動かさないで練習できます。
手本には、書き順番号も書いてあります。

窓あきシートを使っている子ども達は全員!
手本が横にあるから、ドリルよりずっと使いやすい」って言っています。

発達障害のお子さんにはどうでしょうか?
次のような記事がありました。
「板書」の時代に終止符を
これまで述べてきたことから予測がつくと思いますが、黒板に書いてあることをノートに写すというのは、LDの子にとっても、ADHDの子にとっても、自閉系の子にとっても、かなり負担の大きい作業です。

だってLDの子の多くは、見たものを頭の中に一旦覚えて、それを書くという作業自体が苦手で、それゆえ文字の読み書きに困難を抱えている・・


ひょっとしたら役に立つのではと思っているのですが、関心のある方はお問い合わせください。


皆様のお役に立てることを願っています。

「窓あきシート」は特許を申請していますが、皆様のご家庭で使用する範囲では制限しません。
商用使用をお考えの場合はご相談下さい。まもなくPDFファイルのCD版をご紹介できそうです。

窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、
ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
60進法に興味がある人はこちら→亀井喜久男HP
スポンサーサイト


窓あきシートの使い方と特徴 | 14:05:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。