■おすすめサイト

全国の塾のブログを都道府県別に検索することができます

塾ブログ検索サイト 塾長・塾講師のブログを紹介しています。】

■窓あきシート教材販売サイト

窓あきシート教材購入希望の方はこちらへどうぞ。

桂川教育研究所のウェブショップ
窓あきシートどっとコム

■プロフィール

新しい窓1113

Author:新しい窓1113
特許になった「窓あきシート」を中心とした教材を使いながら小学生を教えています。「窓あきシート」を使っての学習法やその他の勉強法、教育問題、父子家庭の子育てを中心に書いています。

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FC2カウンター

■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
3.左利き用の漢字教材って?
窓あきシートの使い方と特徴を説明しています(第3回)。

窓あきシートは手本の左右に切り抜き窓が開いています。

3D.gif

左利きの人は手本の左側の窓を使ってください。
手本は手の陰に隠れないません。

もちろん、右利きの人は右側の窓を使います。

左利き


このように、窓あきシートは右利きでも、左利きでも使えます。

家族で使う場合、学校・塾などの教育現場で使う場合、
右利き、左利きが一緒にいる場合でも、わざわざ変える必要はありません。

従来の、手本がすぐ横にある教材の多くは、右利きの人にあわせて作ってあります。

左利きの子にとっては、せっかく横に手本があっても、鉛筆を持つ手に隠れてしまって使いづらいものでした。

私が教えている左利きの子も、窓あきシートを開発するまでは、何回も左手を上げて、お手本を確かめて練習していました。

かといって、手本が離れたところにある教材(漢字ドリルなど)は、何度も首を振りながら練習していますし、間違いも多くなります。

最近は、手本が右の列に書いてある、左利き用の漢字練習プリントも出てきているようです。

ただ、1回しか使えないのが欠点ですね。


皆様のお役に立てることを願っています。

「窓あきシート」は特許を申請していますが、皆様のご家庭で使用する範囲では制限しません。
商用使用をお考えの場合はご相談下さい。まもなくPDFファイルのCD版をご紹介できそうです。

窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、
ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
60進法に興味がある人はこちら→亀井喜久男HP
スポンサーサイト


窓あきシートの使い方と特徴 | 11:49:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。