■おすすめサイト

全国の塾のブログを都道府県別に検索することができます

塾ブログ検索サイト 塾長・塾講師のブログを紹介しています。】

■窓あきシート教材販売サイト

窓あきシート教材購入希望の方はこちらへどうぞ。

桂川教育研究所のウェブショップ
窓あきシートどっとコム

■プロフィール

新しい窓1113

Author:新しい窓1113
特許になった「窓あきシート」を中心とした教材を使いながら小学生を教えています。「窓あきシート」を使っての学習法やその他の勉強法、教育問題、父子家庭の子育てを中心に書いています。

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FC2カウンター

■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
大槌町の順ちゃんを迎えて
美濃加茂市シティホテルで、可茂地区社協連絡協議会主催の
「岩手県社協・大槌町社協からのメッセージ」という催しが開かれました。

岐阜県社協が大槌町の担当だったこともあり、
復興の遅れている大槌町の現状を何とか可茂地区の人に伝えたいという
美濃加茂市社協の木村さんの熱い思いから実現したものです。

岩手県からは、県社協の和山亨さんと
大槌町社協の順ちゃんこと佐々木順一さんが招かれていました。

岐阜県下の社協の若手を中心に170名ほどの人が集まっていました。
9月に一緒に行った仲間の数名参加していました。
久しぶりに歓談し、「あー仲間なんだ」という嬉しい気分に浸れました。

和山氏は、31歳という若さでありながら、おちついた態度で
震災直後から県社協がどのように動いたのかという経過と
吹き出た課題、そしてそれに対してどうしていったら良いのかなど
貴重な話をわかりやすくされました。

社協にとっては非常に教訓的な事ばかりでしょう。
さっそく取り入れてくれれば良いなという感想です。

佐々木氏は、VCにいたときのままの格好で(木村氏に要請されたとか)
自らの被災体験を話されました。

目の前で人が海に飲み込まれていく。
つないでいた手が離れ子供をを死なせてしまったお父さん
涙を流しながら佐々木さんは
「一人一人がドラマを持っている」と言っていました。

「みなさんに言いたいことは、みなさんが大災害に遭ったら、
とにかく生き抜いて、生き抜いて、誰かを助けてあげて下さい」

「マスコミは福島の原発の話ばかりで、
その他はもう終わってしまったような印象を与えているのが悔しい。
まだまだみなさんの力が必要です。」

そんな話をされていました。

講演の後の交流会では
和山さんとも佐々木さんともいろいろ話ができたのですが
それは別な機会に書こうと思っています。


皆様のお役に立てることを願っています。

窓あきシート教材に興味がある方は
ぜひ、桂川教育研究所Webshop「窓あきシートどっとコム」にお寄り下さい。

「窓あきシート」は特許になりましたが、皆様のご家庭で使用する範囲では制限しません。商用使用をお考えの場合はご相談下さい。
窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、ポチッと1押しのご協力をお願いします。

にほんブログ村 教育ブログへ
ご面倒ですが、こちらもお願いします。 
人気ブログランキングへ

60進法に興味がある人はこちら→亀井喜久男HP
スポンサーサイト


未分類 | 01:24:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。