■おすすめサイト

全国の塾のブログを都道府県別に検索することができます

塾ブログ検索サイト 塾長・塾講師のブログを紹介しています。】

■窓あきシート教材販売サイト

窓あきシート教材購入希望の方はこちらへどうぞ。

桂川教育研究所のウェブショップ
窓あきシートどっとコム

■プロフィール

新しい窓1113

Author:新しい窓1113
特許になった「窓あきシート」を中心とした教材を使いながら小学生を教えています。「窓あきシート」を使っての学習法やその他の勉強法、教育問題、父子家庭の子育てを中心に書いています。

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FC2カウンター

■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
二重支援という考え方
「桜ライン311」実行委員会事務局長の佐藤一男さんは
米崎小仮設住宅の自治会長も務めてみえます。

その佐藤さんに「仮設住宅で必要なものはありますか?」と尋ねたところ

「こちらでは商店が再開しているところです。
地元の商店で買えるものを支援物資として受け取ったら
地元の商店をつぶれてしまいます。
ですからやっぱり義援金が一番いいと思います。
被災者への支援にもなるし、そのお金で物を買えば
地元の商店に対する支援にもなってくるのです。
いわば二重支援になるのですね」
と答えられました。

なるほどその通りですね。
再開したお店のことを考えなければなりません。
安易に支援物質を送ることは、考え直さなければならないと痛感しました。


また、共益費のことも言ってみえました。
いわゆる仮設住宅の集会所の運営費です。
入居者から自治会費をいただける状態ではありません。
しかし、回覧やお知らせなどの印刷、
住宅に引きこもらないような催しに関わることなどに経費はかかります。
そのお金に苦労しているそうです。
義援金は個人に行ってしまいますからやむを得ません。
これも緊急な問題です。

私たちは、仮設住宅集会所の運営費を
ピンポイントで支援するよう呼びかけていきたいと思っています。

27日に可児市NPOフェスタと美濃加茂市NPO祭りがあり、
私たちの活動を紹介するコーナーができたので
そこで訴えていきたいと思っています。

みなさんも以上2点について、ぜひ考えてみて下さい。


皆様のお役に立てることを願っています。

窓あきシート教材に興味がある方は
ぜひ、桂川教育研究所Webshop「窓あきシートどっとコム」にお寄り下さい。

「窓あきシート」は特許になりましたが、皆様のご家庭で使用する範囲では制限しません。商用使用をお考えの場合はご相談下さい。
窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、ポチッと1押しのご協力をお願いします。

にほんブログ村 教育ブログへ
ご面倒ですが、こちらもお願いします。 
人気ブログランキングへ

60進法に興味がある人はこちら→亀井喜久男HP
スポンサーサイト


未分類 | 23:55:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。