■おすすめサイト

全国の塾のブログを都道府県別に検索することができます

塾ブログ検索サイト 塾長・塾講師のブログを紹介しています。】

■窓あきシート教材販売サイト

窓あきシート教材購入希望の方はこちらへどうぞ。

桂川教育研究所のウェブショップ
窓あきシートどっとコム

■プロフィール

新しい窓1113

Author:新しい窓1113
特許になった「窓あきシート」を中心とした教材を使いながら小学生を教えています。「窓あきシート」を使っての学習法やその他の勉強法、教育問題、父子家庭の子育てを中心に書いています。

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FC2カウンター

■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
家庭を問い直すこと
昨日のたけしの番組は全く期待はずれでした。
というか、期待する方が間違いですね。
「品格」・・違うでしょう。
それ以前の「規範意識」の問題だと思うのですがね~。


長々と「キレる子供たち」シリーズを書いてきましたが、今日で一応終わりです。専門家でないものが、たかだか数冊の本とネット上の資料を見ただけでまとめたものです。今まで書いてきたことを見直しても、大したことは書いていませんし、視点も偏りがあり、抜けていることも多いかと思います。それにもかかわらず、ずっと見ていてくれていた方がいて、またコメントまでしていただけたことを感謝します。ありがとうございました。

今日は「家庭」について書いていこうと思います。

モノグラフ・小学生ナウ -国際比較調査(4)-「家族の中の子どもたち
1993年 小学校5年対象の調査
自分の家の評価(とてもその通り・わりとその通り 数字は%)
・家族が仲がよい:東京68.8 上海94.6 ソウル81.8 ロンドン82.7 ニューヨーク84.9
・お互いに助けあう:東京47.1 上海90.5 ソウル69.6 ロンドン83.3 ニューヨーク89.5
・みんなが幸せ:東京64.0 上海93.6 ソウル76.4 ロンドン78.1 ニューヨーク86.2


親が食事など子供の面倒をよくみていて、子どもが家庭的な居心地の良さを感じているにもかかわらず、以上3項目の数字が特に低いのが気になります。「子ども自身にかかわる事項に子どもの意見が尊重されず、親の意見が重視される」傾向があるのが原因でしょうか?また、「助け合う」という事についてはあまりにも低すぎるような気がしますが・・このあたりの人間関係はもっと注目してもいいような気がします。どうも、家族関係が希薄になっているような気がします。

このシリーズを書くことによって、私自身学んだことが多くありました。
家族のこと、学校のこと、社会のこと、発達障害のこと、ACのこと、様々な資料の存在・・
その中で、特に強く感じたことは、家庭の問題です。

普通の子が「キレる」状態になる1番の原因は家庭にあると思います。
子供のためと言いながら、結局は親自身のために、子どもの心を考えないで子育てをしている一面が浮かんできました。
ここを何とかしなければいけないと思います。大人からみてよい子の問題行動。その子たちが、信頼する治療者に打ち明ける本音は「小さい頃から、自信がなかった。」「見捨てられないように気を遣ってきた」と自己不信、人間不信は根深く痛ましいそうです。よい子といわれていたわが子が、家にひきこもってはじめて、また最近のいじめ事件のように自殺してはじめて、その気持ちに気づくことは本当に辛いものです。もっと早く気づいてあげられればと思うばかりです。
本当に子供たちが安心できる家庭は何なのかをもう一度問い直す時期だと思います。

子どもが問題行動を起こしたとき、社会が悪い、学校が悪いなどと責任を自分以外のところに押しつければ親自身は楽です。しかし、根本的な解決にはなりません。
社会が悪い。学校が悪い。確かにそういう面もあるでしょう。
でも、そういったものから子ども守ってあげられるのは家庭だけです。

子どもが安心して過ごせる、正しい価値観を教えてもらえる家庭であれば、子どもは「キレる」ことなく、精神的にも健全にたくましく育っていくと思います。また、勉強も普通以上にできるようになるでしょう(これは多くの子供たちを教えてきて思うことです)。

私自身、8年前に妻を亡くし、父子家庭という状況で子育てをしています。私の父母も同居しているとはいえ、子育てのため勤めていた塾を辞めざるを得ませんでした。突然母を亡くした子供たちの精神状態を考えてのことです。幸い今のところ、子供たちは問題行動も起こさず、順調に育っています。でも、やっぱり寂しい思いをさせてきたことや、我慢を強いてきたこともありますし、子供たちの心を本当に理解してきたのかと言われれば、反省することばかりです。この「キレる子供たち」のシリーズを書くことによって得た知識を、私自身の親子関係に役立てていきたいと思います。

このシリーズはこれで一応終了しますが、まだまだ抜けていることが多いと思います。子育てについて思ったこと、感じたことを不定期にでも書いていきたいと思います。

そういえば、このシリーズを始めた頃、あるブログの記事がすごく気に入って、「私のシリーズの最終回にTBさせてください」とお願いしたことがありました。思ったより長くなってしまいましたが、ここで紹介しておきます(というか、すごく有名なブログですから、みなさん既にご存じだと思いますが)。
namiママ先生の前向きな日々~育児休業編「少年犯罪を考えるはめになる」


皆様のお役に立てることを願っています。

「窓あきシート」は特許を申請していますが、皆様のご家庭で使用する範囲では制限しません。
商用使用をお考えの場合はご相談下さい。まもなくPDFファイルのCD版をご紹介できそうです。
窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、
ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
60進法に興味がある人はこちら→亀井喜久男HP
スポンサーサイト


キレる子どもたち | 10:41:23 | トラックバック(0) | コメント(6)
コメント
リンクありがとうございます。
でも、すごく恐縮してます…

読み応えがある連載記事の最後を飾るにふさわしい
記事だったのか???と自分の記事を読み返して
恥ずかしくなりました。
熱意はありますが、焦点が合ってないですね(笑)

でも、記事をさかのぼって読ませていただいて
離れていてお会いしたことのない方が
同じようなスタンスで仕事に、子育てに向き合っていらっしゃる。
そのことを痛感してすごく励みになりました。
ありがとうございました。

私も昨日の番組を少しだけ見ました。
すごく的はずれかもしれませんが
内容というより、他国の風景や建造物一つとっても
日本のような「必要最小限」でなくて
ゆとりのある空間、窓一つとっても素敵な装飾。
そんなことに目を取られながら

「無駄なこと」に価値をおいて
もっと楽しめる日本になるといいのになあと思いました。

こちらで紹介されてるデータのすべての数値に「無駄がない」ですね…日本は。
目に見えるものしか大事にされていない。

予算にゆとりがないから
これからますます、無駄を排除していく方向に向かいそうですが
あえて逆にすすむことが処方箋じゃないのかな
と思いました。

よかったら相互リンクお願いします(^^)
これからもよろしくお願いします。




2006-11-12 日 21:03:20 | URL | namiママ [編集]
namiママ さん
コメントありがとうございます。
>読み応えがある連載記事の最後を飾るにふさわしい
>記事だったのか???
いえいえ、namiママ さんの記事は、私には思いつかない視点、私にはない感性で書かれているすばらしい記事だと思っています。私の記事の踏み込みの足りない部分を補完するために、namiママ さんの記事を使わせていただいてありがとうございました。

辛い出来事が続いています。これらに対しては、多くの人の視点、感性から多面的に見ていけば、きっと解決の道が見つかると思っています。

後半で書かれているnamiママさんの考えには賛同します。これからもよろしくお願いします。相互リンクありがとうございます。こちらからもお願いします。 ただ、私のブログは今後商業的な側面も出てくるかもしれません(商業的な部分の中心はHPに持っていくつもりです)が、そのときにはリンクをはずしていただいてけっこうです。あらためて、ありがとうございました。
2006-11-13 月 09:55:28 | URL | 新しい窓1113 [編集]
とても読み応えがありました。
都度、考えさせられたり、
新たに知識を得たり、反省したり^^;

子は、親から生まれ、
そして親の築く家庭で、大人へとなっていく。
心身を育てるのは、家庭が出発点。

万能な答えはないけれど、問い直す、その気持は
大事にしていきたいですね^_^;
2006-11-13 月 21:58:38 | URL | マー [編集]
マーさん
ずっと応援していただけてうれしかったです。
どういう結論に持っていくか迷ったこともありました。
自分の仕事も中途半端になったことも。
でも、きっとこの記事を必要としている人もあるんだという思いと
不幸な子供たちが少しでも救われるようにという思いと
私の子供たちのためにという思いから
書き続けることできました。
そして、少しだけ今までと違う目で子供たちを見ることができるようになりました。
不定期にですが、これからも書き続けていこうと思っています。
これからも応援お願いします。
そして、ありがとうございました。
2006-11-14 火 09:14:54 | URL | 新しい窓1113 [編集]
一気読みしました
namiママさんのところから,参りました。
小学校の教員です。
いろいろ興味のある記事を書かれていますが,キレル子ども関連だけ,一気読みしました。読み応えのある記事をありがとうございました。
まとめて読むにはあまりにも読み応えがある内容で,リンクのところまで読んでいる余裕はありませんでしたが,それでも伝わってくるものがたくさんありました。

いろんな原因があるし,小手先の対策だけでどうなるものでもありませんが,すべての大人が,自分の身近にいる子どもと正面から向きあう時間をほんのわずか増やすだけでも,一歩前進が見られるのではないか…と思うことがあります。
かくいう私も,仕事やネットに時間をとられ(とり)すぎて,わが子と向きあう時間が少ないなぁ…と反省することしかりですが…。
またおじゃましますね。
2006-11-19 日 11:33:34 | URL | lunar_cat [編集]
コメントありがとうございました。
長々とした記事で申し訳ありませんでした。
もう少しコンパクトにまとめなければいけないのに・・
文章が下手な証拠ですね。

この問題については、
一人一人が何か一つ新しいことに気がつけば、
前進できるのではと思っています。
小学校の先生ということですが、
現場ではなにかと大変だと思います。
どうぞ、健康に注意しながらご活躍ください。
微力ながら応援させていただきます。

2006-11-19 日 13:21:20 | URL | 新しい窓1113 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。