■おすすめサイト

全国の塾のブログを都道府県別に検索することができます

塾ブログ検索サイト 塾長・塾講師のブログを紹介しています。】

■窓あきシート教材販売サイト

窓あきシート教材購入希望の方はこちらへどうぞ。

桂川教育研究所のウェブショップ
窓あきシートどっとコム

■プロフィール

新しい窓1113

Author:新しい窓1113
特許になった「窓あきシート」を中心とした教材を使いながら小学生を教えています。「窓あきシート」を使っての学習法やその他の勉強法、教育問題、父子家庭の子育てを中心に書いています。

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FC2カウンター

■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
6.先取り学習
窓あきシートの使い方と特徴を説明しています(第6回)。

漢字の先取り学習についてはどう思われますか?
蔭山先生は1学期のうちにその学年の配当漢字を全部終わらせることを提唱されていますね。
でも、これに対する反対意見もありますが。

子どもの能力を考えると、私はやる価値があると思います。
なるべく早い時期にその学年の漢字を一通り覚える。
残りの期間は、定期的にその漢字の総復習をしていく。
これによって、漢字ドリルですすめていくよりは、漢字を定着させることができると思います。

ただ、先取り学習を行う場合、以下の3点については十分に注意してください。
 1.書き順を覚えること
 2.使い方(読み、送りがな、熟語)を覚えてから漢字練習すること
 3.覚えたからと安心しないで、普段からその漢字を使ったり、定期的に復習すること


そうすると、先取り学習をするうえの問題点は、以下の通りです。
1.学校の漢字ドリルは、学期ごとなので、2,3学期の漢字の練習ができない。
2.書き順が書いてある教材を別に用意しなければならない。
3.使い方が分かる教材を用意しなければならない。


2については、小学館から「書き順プリント」がでています。
3についても、小学館から「徹底反復漢字プリント」がでています。
その他にも、書き順、使い方をまとめた漢字練習帳が数多く市販されていますね。
ただ、全てまとめた教材は少ないですね。そこが困ったところです。
いろいろ比べてお使いください。

そのとき、私の「窓あきシート」も比較するものの中に入れていただければ幸いです。
近日中にみなさんにご紹介する「窓あきシート漢字練習帳キット(CD版)」には
1.ふりがなや書き順、部首がついている、「8ます用漢字練習シート」
2.簡単に総復習ができる「15ミリます用漢字練習シート」
3.漢字の使い方がわかる「漢字使い方プリント」のファイル
がついています。 (まだ他のおまけもあります)


3の「漢字の使い方プリント」の一部です。
小学生がよく使う言葉を選んであります。
送りがなはほぼ全てを網羅し、全てにふりがな付きです。
総熟語



皆様のお役に立てることを願っています。

「窓あきシート」は特許を申請していますが、皆様のご家庭で使用する範囲では制限しません。
商用使用をお考えの場合はご相談下さい。まもなくPDFファイルのCD版をご紹介できそうです。
窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、
ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
60進法に興味がある人はこちら→亀井喜久男HP
スポンサーサイト


窓あきシートの使い方と特徴 | 10:28:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。