■おすすめサイト

全国の塾のブログを都道府県別に検索することができます

塾ブログ検索サイト 塾長・塾講師のブログを紹介しています。】

■窓あきシート教材販売サイト

窓あきシート教材購入希望の方はこちらへどうぞ。

桂川教育研究所のウェブショップ
窓あきシートどっとコム

■プロフィール

新しい窓1113

Author:新しい窓1113
特許になった「窓あきシート」を中心とした教材を使いながら小学生を教えています。「窓あきシート」を使っての学習法やその他の勉強法、教育問題、父子家庭の子育てを中心に書いています。

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FC2カウンター

■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
漢字の宿題について
前回「自作プリントの漢字書体に気をつけてくださいね」ってお話をしましたが、もう少し付け加えます。

昨日、塾にきている子供が2学期の漢字会プリントを持ってきました。
塾ではそのプリントをすぐ窓あきシートに作り替えて渡すのですが、
子供が持ってきた解答プリントを見てびっくりしました。
全部明朝体の漢字なんです。
明朝体と教科書体は画数が違うものがあります。
たとえば、「比」(明朝体)の左側をみてください。
3画に見えますね。でも本当は、かたかなの「ヒ」と同じで2画なんです。
これでは、間違った漢字を覚えてしまいます。


何年か前の先生が作った漢字会プリントもそうでした。

せめて先生のパソコンには。
教科書体を入れませんか。

せっかく授業で書き順指導しても、これじゃあ子供は混乱しますよ。
先生、何とかしましょうよ。

ただ、この解答プリントの場合は
既製教材プリントのような気がしましたね。
なんか手作りと違うような・・
もしそうだったら、これを作った教材プリント業者はいけませんね。

そういえば、塾もそうでした(今はどうかわかりませんが)。
教科書体でなく、明朝体でプリントを作ってテストをしていました。
書体についての認識が甘いのですね。
一度、塾でもらったプリントを見てください。


もう一つ、漢字ドリルの宿題について。
これはもういろいろなブログでも出ている問題ですが、

① 読み方ページの宿題で読み方(ひらがな)をノートに書かせる
② 完全に書けないのに書取ページの宿題をテスト形式で出す。
③ ②の時、間違っているかチェックする前に、残りのますに漢字を書かせる
④ 1行同じ漢字を書かせる


という点に問題があると思います。

①について
読むだけでいいのではないでしょうか。次の日、授業のはじめに順番に1問ずつ読ませれば、短時間で確認ができますし、子供たちは聞いて覚えると思うのです。ついでに、授業で説明した他の使い方を復習することもできるような気がしますが・・
②~④について
間違いが固定化する原因になっていると思います。
熟語、送りがなを覚えさせる目的で、読み方ページを使って漢字を書く練習をさせることが大切だと思います。書取ページではテストでいいんですが、1回テストをし、答え合わせをする。間違っている漢字だけ残りのますに練習するという方法にすれば、子供の負担も減り、モチベーションも上がるのではないでしょうか。先生にとっても子供の理解度が一目瞭然ですし、全体としてどこが弱いかわかり、次の授業にいかせると思うのですが・・。どうせ宿題のチェックをするでしょうから、より効果のある方法を考えてみませんか。

ただ、これはあくまでも私の見方です。もっといい方法があったら教えてくださいね。


皆様のお役に立てることを願っています。

「窓あきシート」は特許を申請していますが、皆様のご家庭で使用する範囲では制限しません。商用使用をお考えの場合はご相談下さい。まもなくPDFファイルのCD版をご紹介できそうです。
窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
60進法に興味がある人はこちら→亀井喜久男HP


漢字 | 13:40:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
NHK「どうする、若者の日本語力」から漢字学習について思う
昨日のNHKクローズアップ現代を見て、漢字学習についていろいろ考えました。
予定を変更して、今日はこのことを書いていきます。

11月8日(水)放送のクローズアップ現代から
「どうする 若者の“日本語力”」

大学生の語い力を調べた調査によれば5人に1人が中学生レベルだったのだ。
こうした日本語の力の低下に携帯電話やパソコンの使用が影響を与えていることが様々な研究で明らかになってきた。語彙力のない学生ほど携帯メールをよく使う傾向にある。
企業の中には手書きや音読などのアナログ的手法を社員に徹底し、日本語の力を取り戻そうと動き始めたところも出てきた。



番組では、ひらがなだらけ、誤字だらけの論文が紹介してありました。
また、言葉の意味を知らない学生も増えているそうです。

携帯メールと漢字力の関係を調べると、
漢字力が大学生レベルの学生は、1日にメールに使う時間は平均35分に対して
中学生レベルの大学生は、65分だという。
しかも、相手に分かりにくいという理由で、漢字を使わず、ひらがなと絵文字だけ・・
また、本を読んでいない学生は60%もいるそうです。

企業でも、漢字を知らない若者が増えたことで問題が発生しているそうです。
注意事項に書いてある漢字が読めないばかりに、多額の損害を出した企業では、
若者に対して漢字学習を始めたそうです。

社員教育専門の会社も、音読と漢字を書くことをカリキュラムに入れるようになったそうです。
私も、いくつか社員教育を受けましたが、
漢字を書くカリキュラムはありませんでした。


なぜこのような状況になったのでしょうかね?

「漢字を使った文章を手で書くことが減った」

これにつきるような気がします。

たしかに、漢字教育の不十分さはあります。
 ・過学年の漢字をまとめて練習する学習がない。
 ・中学校では、漢字指導に熱心でない。

しかし、これは昔からそうだったような気がします。
私は学校の漢字学習だけで、漢字を覚えた記憶はありません。

以前勤めていた学習塾(県内大手)の漢字指導も形式的でした。
教材にある漢字・熟語をテストしていただけですから。
漢字の使い方において深みのある学習になっていません。
文章で使う形になっていないのですね。
塾で、子供たちが書く漢字は、ほとんど学習用語だけです。
穴埋め問題が多いからでしょうね。
暗記するためには有効な学習法であるとは思いますが、
今後、もう少し考えていかなければならないと思います。

ウロコ先生が仰っている「新聞の投稿写し」や「社説写し」といったものが有効でしょうね。
私が漢字を覚えたのも、いろんな文章を手で書いてきたからだと思います。
私の勉強法は、「教科書や参考書をまとめる」というものでした。
学生時代にも、気に入った文章をノートに写していました。
それで、たぶん普通の人よりも多少多く漢字が書けるのではと思っています。
それでもけっこう誤字脱字はありますが・・(^-^;

また、ある程度語彙が豊富になれば、
つまり、熟語の読みと意味が分かるようになると、
漢字だけの学習は有効になります。
最近はパソコン入力が多くなり、書けない漢字が増えてきました。
だから、子供たちと一緒に、自分で作った漢字シートを使って何度も書いています(笑)

ところで、番組にちらりと出ていた漢字練習プリントは、手書きの漢字手本が横に配置し、それを見ながら直接書き込む形式でした~。
(みなさんにご紹介している窓あきシートの窓なし版を想像してください)


皆様のお役に立てることを願っています。

「窓あきシート」は特許を申請していますが、皆様のご家庭で使用する範囲では制限しません。
商用使用をお考えの場合はご相談下さい。まもなくPDFファイルのCD版をご紹介できそうです。

窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、
ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
60進法に興味がある人はこちら→亀井喜久男HP

漢字 | 10:46:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
漢字バトルズ
今日は少し趣向を変えて・・
私のブログは、どちらかといえば国語系ですから、
(なんと、大手塾時代は数学・理科を教えていました!)
ひらがな・かたかな、漢字に興味を持った方に訪問していただいていると思います。

そこで、
今日は漢字学習について、全く違う切り口でアプローチされている
漢字バトルズ」さんをご紹介します。

一般的にいえば、漢字は「書いて覚える」というのが主流です。
(もちろんその前に、「読む」「意味を知る」がありますが)
紙に書く、空中に書く、パソコンの画面上で書くなどですね。

具体的な漢字学習法になりますと、
今日9729さんがご自身のブログ(←クリック)で詳しく述べられています。
(私はここで書かれている「手首化」や「1セット5過程」の考え方に共感します)
また、糸山泰造氏や向山洋一氏をはじめ、
多くの方が漢字の指導法を公開されています。
学校でも、それぞれの先生が工夫しながら教えてみえます。
さらに、パソコン上で学習するソフトも数多く出されています。
それぞれ実践に基づいた素晴らしい指導法だと思います。
お子さんに合った方法を探し、実践されてみたらどうでしょう。


私の「窓あきシート」はというと、単なるツールです。
漢字を書く練習をするときに、

  ・視線の動きが少なくなるようにする

  ・繰り返し使えることで学習コストを抑える

  ・答合わせの負担を小さくする

  ・右利きでも左利きでも使えるようにする

  ・テストと練習が同時にできるようにする

  ・総復習にも先取り学習にも使えるようにする

  ・反復練習にも、丁寧な練習にも使えるようにする


という要素を盛り込んだツールであって、学習法ではありません。
そこはお間違えのないようにお願いします。


さて、
相互リンクさせていただいている「漢字バトルズ」さんは、

この漢字を、なんとゲームの中で!
しかも、

今、子供たちの間で流行っている対戦型カードゲームの中で覚えていく

という、全く新しい切り口で漢字学習を考えてみえます。
1枚の漢字カードから、熟語・画数・部首まで考えるゲーム構成。
う~ん、なかなか奥が深そうです。

おそらく日本で初めての!対戦型漢字学習用カードゲームだと思います。
(私の「窓あきシート」も日本で初めてですが、かすんでしまう~!)
メルマガも発行されていて、遊び方を公開されています。
そうそう、サンプル付きの無料レポートもあります。

「普通のやり方だとちっとも勉強してくれないワ」とお嘆きの方。

ここです↓(クリックしてください)
漢字バトルズ


お子さまのお役に立てることを祈っています。

「窓あきシート」は特許を申請していますが、
皆様のご家庭で作り、使用する範囲では制限しません。
商用で使用する場合のみご注意下さい。

窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、
ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ




漢字 | 16:24:45 | トラックバック(0) | コメント(2)
窓あきシートの教材って?
今、子供たちが使っている教材は次のようなものがあります。

子供たちは、ほとんど自主的に使っています。

みんなで使うものはラミネート加工してあります。
個人使用のものは、厚手の上質紙を使った窓あきシートです。

1 国語教材
 ・10ます用漢字練習シート(小1~小6)
   1シート28字。読み・書き順・部首付き。裏面テスト
 ・10ます用ひらがな・かたかなシート
   書き順付き。表面:ひらがな。裏面:かたかな
 ・15ミリます用漢字シート(小1~中6)
   1シート60字。裏面テスト
 ・15ミリます用ひらがな・かたかなシート
   清音のみ・全1枚
 ・8ます用ひらがな・かたかなシート  これだけ商品化(税込800円)
   清音~拗音(かたかな除く)・全8枚・破れにくい素材「ユポ」使用
  ※ ある市の教育委員会で試験採用(外国人教育で使用)
  ※ ある保育園で2005年度卒業プレゼントに使用
 
2 算数教材
 ・計算九九シート(基本形算用)
   低学年:10の補数・段階別基本計算
   中学年以降:たし算・ひき算・かけ算・わり算(それぞれ100問)
    裏面に答がありますから、答合わせも簡単です。
    用紙は、印刷ミスの裏紙でOK

3 社会教材
 ・都道府県練習シートA(全1枚)
   都道府県庁所在地も同時に練習・裏面:テスト
 ・地方別都道府県練習シート(全6枚)
   都道府県庁所在地も同時に練習・裏面:テスト
 ・世界地理(全5枚)
   世界の国々・海洋・山脈・川・湖

その他に、使っていませんが、以下の試作品があります。
 ・百ます計算シート
 ・外国人教育用ひらがな・かたかなシート
   横組み・書き順・ローマ字付き
 ・漢字能力検定用漢字シート
   3・4級用・外国人向け・横組み・裏面:使い方
  ※ 外国人向け教材は、地元の国際交流協会で試験的に使用中
 ・重要英単語シート(中学英語用・表:練習・裏:テスト)
 ・行書・草書練習シート


友人達の勧めもあり、
一応特許は出願してあり、現在審査中です。

でも、家庭で自由に使えるものを近々公開しますね。

商用での使用は、上記の状態であることをご考慮して下さい。
詳しくは「お問い合わせ」を利用してご連絡下さい。


窓あきシートが子供たちと地球の環境の役に立つと思っていただけましたら、
ポチッと1押しのご協力をお願いします。

20060822163614.gif
ご面倒ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ

漢字 | 22:06:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。